ぽるとソリューション

NLPセミナーを中心に講演

paypal
menu

自分の人生を取り戻そう!狭い鳥かごから脱出する方法

2017.12.03

人は知らず知らずのうちに、様々な”鎖”に縛られています。
人間関係や思い込み、世間体や立場。

私たちは、幼いころから自分を抑えることを教えられます。
社会に適合するため、やってはいけない事や、やらなければならない事を、
他人と同じようにこなすことを学んでゆきます。

逆に、赤ん坊のころ、私たちはただ、自分の感情に従って生きていました。
お腹が空けば泣いて自己主張し、危険を恐れず好奇心の赴くままに行動していました。
こんなことをすれば誰かに嫌われるかもしれない、こんなふうにふるまえば、あとあと大変かもしれない。
そんなふうに考える赤ん坊はおそらくいないでしょう(笑)

社会の中で、誰かの目を気にしながら生きる人生と、
自由に生きる人生、
果たしてどちらが自分の人生といえるでしょうか。

 

ほとんどの人は他人の人生を歩んでいる!?

何か新しいことを始めようと思ったとき、心の声が聞こえてきます。
●どうせうまくいかないだろう
●こんな事をすると世の中の笑いものだ
●こんな自分をいまさら見せられない
パターンは数えきれないほどあります。

しかし、この心の声は、本当に自分の声なのでしょうか?
人は多くの場合、「恐れ・不安・痛み」から逃れようとする思いから行動するといわれています。
これは、常に命の危険にさらされていた我々の祖先から備わる本能です。

だから、過去に自分のやったことを否定されたと感じた経験があると、
否定されないように、つまり行動(変化)しないよう振る舞います。
自分の弱い部分を責められた経験から、その弱い部分を見せないよう振る舞います。

これは、あなたを変化から守ろうとする、あなたの守護神といってもいいかもしれません。

子供のころ、まだ世の中を知らない頃には、この守護神はあなたを危険から遠ざけてくれました。
しかし、もし、今のあなたが人生に何か物足りないものを感じているとしたら、
この守護神とは決別し、あなた自身の人生を取り戻すタイミングに来ているのかもしれません。

hands-966492_640

本当の自分はなかなか見えない

この自分を制限する守護神の正体は、あなたが取り込んだ他人の人格です。
例えば、ある日、あなたが勤め先を退職して起業しようと閃いたとしましょう。
その一瞬のひらめきののち、心の中にはどんな声が聞こえてくるでしょうか?

「ちゃんと就職できたのに、それを捨ててもいいの?」
「起業ブームというけど、ちゃんと続けられる人ってすくないよ?」
「論理的に考えて、リスクが大きすぎるよな」
「自分に、そんな大それたこと、できるだろうか?」

この声は、あなた自身の声に聞こえるかもしれません。
しかし、実は、あなたが取り込んだ他人の人格がそういわせている可能性が高い。
心の声と同じようなセリフを言いそうな人、身近にいませんでしたか?
あなたは、その人をがっかりさせないような決断をするように、仕向けられているかもしれません。

それは本当の自分とはいいがたいのではないでしょうか。
恐らく、本当のあなたとは、一番初めのひらめきですよね。
しかし、現代人は、何層にも重なった一番奥に本当の自分を隠してしまっています。
その本当の自分が、飛び出したい!と叫んでいる状態だからこそ、
今の人生がむなしく見えたり、物足りなく感じるのではないでしょうか。

han0176-039

本当の自分をとらえる

この「本当の自分」に出会うには、方法がいくつかあります。
自分でできる、最も手軽なものは「初めのひらめきを大切にする」ということです。
自己啓発書でいわれる「ワクワクに従って生きる」などというのも、ほぼ同義であると思います。

しかし、この”ひらめき”は一瞬です。
ひらめいた瞬間、それを否定する言葉が頭の中に一気に広がります。
常に頭の中に注意を向けて、ひらめきをとらえる癖をつける、というのがシンプルな方法です。
習熟には相応の時間と努力が必要となります。

これをショートカットする方法も様々なものが開発されています。
私どもがおすすめのはNLP。
天才的な3人のセラピストを研究し、人の脳のプログラムを書き換えることを目的とした様々な手法が体系化されています。
自分の人生のハンドルを取り戻すために、NLPという脳の取扱説明書を手にしてみませんか?

PAGE TOP