ぽるとソリューション

NLPセミナーを中心に講演

paypal
menu

NLPはなぜインチキとか怪しいとか言われるのか?

2017.12.03

皆さんこんにちは。
まんトレスタッフ”中の人”です。

とても悲しい事なのですが、ネットの中をみていると、
NLPはインチキではないか?
NLPは怪しい
とか言ったネガティブな発言が少なからず見受けられます。
ひどいケースでは、カルトとか新興宗教だとか・・・苦笑

多くの人たちに、NLPを知っていただくことで、世の中を変えていきたいと思う我々にとってはあまりにも悲しいお話です。
今回は、あえてこのネガティブな評価について、真正面から考えていきたいと思います。

なぜNLPは怪しいと感じる人がいるのか?

未知のものへの恐怖

人は、理解できないものに遭遇すると、恐怖を感じたり怪しさを感じたりします。
これ、まさに本能です。
そういった未知のものと距離を置くことで、人は身を守るようにできています。
そもそもNLPというアルファベット3文字で呼ばれる名称自体も、内容をイメージしにくいものともいえるでしょう。
未知のものに対する怪しさは、未知を既知にする、つまり知ることで解消できる可能性はありそうです。

見えないものの怪しさ

目で見て、触って、感じられる。
そういったものに関していえば、その物自体を認識しやすいのは当たり前です。
だれも、新しい電子デバイスを見て、「怪しい」とは思いません。
さすがにその形状が、あまりに変な形をしていて、どんな使用方法があるのかわからないものであれば、さすがに怪しいと感じるのでしょうが。

心の問題は、どこまで行っても見えるものではありません。
そもそも、しっかりと体系化された心理学という学問ジャンルにさえ怪しさを感じる人はいるくらいなのですから。
しかし、そうなると、ビジネススキルやノウハウのほとんどは見えないものです。
これらも怪しいもの、と断じてしまう人はあまりいらっしゃらないでしょう。

「いやいや、それは一定の効果を検証できるから信用できるんだ。」

そうおっしゃるかもしれませんね。

100%の効果はありえない

さらに、考えてみましょう。
お医者さんに行くと処方されるお薬。
これを「怪しい」という人はあまりいらっしゃらないでしょう。
とはいえ、薬はすべての人に同じように効くものではありません。

解熱剤一つとっても、効きやすい人もいれば、効きにくい人もいる。
抗がん剤でも、肺がんの人に効くといわれる薬が、効く人もいるし効かない人もいる。
人にかかわる部分では、必ず個人差が生まれます。
数学のように、1+1=3というふうに必ず同じ答えが導き出せるわけではありません。

絶対に効くものでなければ「怪しい」というのであれば、すべての薬は怪しいものになってしまいます。

心の動きは薬の世界でも前提条件

プラセボ(プラシーボ・偽薬)効果って聞いたことありますか?
例えば、白衣を着た人が「これは頭痛に効く薬」といって患者に手渡したとします。
この薬が偽薬、つまり何の効果もない成分(砂糖やでんぷん)でできていたとしても、これが本当に効いてしまう事があるのです。
これは、何万人に一人という確率ではなく、頭痛であれば半分くらいは治ってしまうそうです。

薬には何の効果もないわけですから、思い込みが症状を改善させると考えられています。
このような効果が、医学的にどのようなメカニズムで起こっているかは解明されていません。
しかし、起こる現象が確認できているわけですから、それを否定するわけにもいかないのです。

こういった現象が確認されてからは、新薬の開発においては、
●新薬を投与するグループ
●従来の効果の似た薬を投与するグループ
●新薬を飲んでいると思わせているが、有効成分のないグループ
といった3つのグループで治験をしているそうです。

薬が目指すのは、プラセボ効果を上回り、安定した効果という事になります。

効果がわかれば怪しさは緩和される

見えることもなく、実態もない、NLPという心理学。
これは、学べば100%ハマるとか、一度学べばOKとかいうものではありません。
とはいえ、一定程度経験し、習熟すると、

「なるほど、確かに効果はあるな」
「そうか。これまで理解できなかった他人の行動は、こういう事だったのかもしれない」

という風に理解が一気に深まる瞬間があります。
目に見え、形としてあらわれるものではありませんが、効果は様々な形で実証されています。
だからこそ、カウンセリングのみならず、ビジネスや様々な分野で活用されている実態があります。
効果のないものがこれほど広まるとは考えにくいのではないか、と思っていますがいかがでしょうか。

なぜNLPはインチキと考える人がいるのか?

自己啓発がもつ響き

NLPはよく、自己啓発という言葉とともに語られることがあります。
一方、自己啓発というと、さすがに一昔前ほどの怪しさはないとはいえ、まだまだ疑心暗鬼の人も少なからずいます。
自己啓発とは、一言で言ってしまえば、自分を成長させる事が目的です。

自分を成長させたい、という思いは逆に言えば、今の状況に満足できない前提があるのだと思います。
もともと、自己啓発はアメリカなどで盛んで、様々な教材やセミナーが開催されています。
そしてそれらは、人生の成功の一つとして「お金持ちになる」という価値観があります。

自分の収入を上げたい、と思う人が多いからこそ、そういったメッセージがあふれることになるわけですが、お金にフォーカスしすぎるとますます怪しくなってきます。
マルチ商法じゃないのか?とか、怪しい投資じゃないのか?とか、上手いこと言ってお金を巻き上げるんじゃないか?とか、そんな不安は当然出てきます。
ここで、断言しますが、NLPはお金を稼ぐ方法を教えるわけではありません。

NLPの受講料は高いのか?

また、自己啓発に関する教材は、多くが高額です。
どこからが高額なのか?というと非常に難しい部分ではありますが、自己啓発の教材は、ワンセット数十万円というのもざらにあります。
私の知ってるものでは、50万円~100万円といったところが多いように思います。
単発のセミナーで数万円~数十万円でしょうか。

NLPもそこそこ高額なものが多いと思います。
例えば、一般的には2日間のセミナーで10万円前後が相場でしょうし、資格取得コースですと40万円前後が必要となります。
その値段設定に、インチキだ、と感じる人がいるのかもしれません。

しかし、自分を変えたい!と考えて、例えば体調管理としてスポーツジムに通ったとします。
地域にもよるでしょうが、月額の会費は数千円~1万円くらいでしょう。
仮に、7,000円とすると、5年通えば42万円です。
こう考えると、体を鍛えるのか、心やコミュニケーション技術を鍛えるのか、方向性が違うだけではないかと思います。

費用対効果

インチキという言葉に含まれるニュアンスとして、単純に目に見えるコストという意味での受講料の額よりも、むしろ、それに見合った効果があるのかわからない、という趣旨が含まれています。
そのことを評価するのは、受講者ご自身です。
私どものセミナーを受講いただいた方には、こんな声がありましたのでご紹介させていただきます。

「一番変化したことは自分の価値観が変わったことです」中村光博様
「本当になりたかった忘れていた自分を思い出したので仕事に頑張れそうです。」是永英和様

このような価値観を変化させるきっかけが、あるとしたときに、その効果と費用を比べてみて高いか安いかを見てみられるとよいのではないかと思います。

人生における価値

人が今の人生に不満を感じているとき、多くの場合は仕事や生活に「やりがい」「生きがい」を感じられないときです。
それはなぜかというと、自分が本当にやりたいことをやっているわけではない(けど、生活するために仕方なくやっている)状態である、という事。
さらに言うと、そもそも自分が本当は、何をやりたいのかわからない、という虚無感。

さっきの話でいうと、お金持ちになりたいといっても、お金の本質は単なる情報であり、交換手段です。
札束を数える事が無上の喜び!という人は別でしょうが、お金がある事よりもお金を使って何かがほしい、何かをしたい、というところが本当の思いでしょう。
じゃあ、何がしたいのでしょう?

ベンツを買うとか、世界一周旅行をするとか、ブランド物のバッグを買うとか、色々あるでしょう。
けど、それを手にした時、一瞬の悦びはあるでしょうが、次はもっといいものが欲しくなるのです。
ある調査があります。
自分の年収がどれだけ上がれば生活が楽になるか?というアンケートに、
年収300万円の人も、1000万円の人も、
「あと3割増えたらいいのに」
と大多数の人が答えたそうです。
これが現実です。

お金が人生の最終的な目標ではない、とするといったい何があなたの心を満たしてくれるのでしょう?
こんな話をすると、「新しい宗教?」なんておっしゃる方もきっといらっしゃると思います。
けど、ご安心ください。
NLPでは、あなたの外に人生の目標や目的を求めません。
あなたの心の奥底に閉じ込められた思いを引き出す手法がある、というだけのことです。

結果として起こる事

NLPの入り口は、コミュニケーションの技術です。
人が生活するうえで、人とのコミュニケーションは欠かせないわけですが、これをマスターすることで、人とのコミュニケーションが円滑になったり、人とのコミュニケーションで受けるストレスが減ります。
とにかく、生きるのが楽になります。

そこから、自分自身との対話であったり、自分自身の心の言葉をコントローする方法を学んだりもします。
すると、同じ事柄(トラブルなどの問題)に対する捉え方が変わります。
つまり、自分の心の平静を保つ技術を身に着けることができます。
そのことはすなわち、「今までちょっと怖くて踏み出せなかった新たな一歩」が踏み出しやすくなる、という事です。
その結果として、収入が上がる人もいれば、起業出来た人もいますし、人生に新たな価値を見つけた人もいます。

決して、超能力で収入が上がるという話でも、変な投資を進める話でもありません。
あなた自身が本来持っている能力を、正しく発揮するためのスキルなのです。

一度学べばすぐに活用できるとは言いません

様々なノウハウやスキルの宣伝文句として、
「学んだその日から効果抜群}
といったような話も中にはあります。

実際のところ、学び、実践すれば、その日から効果を実感することは可能です。
とはいえ、それがその日から収入アップにつながるか?といえば、それはさすがに難しいでしょう。
NLPはあくまでやり方です。
自転車の乗り方を知っているからといって、自転車に乗れるわけではありません。
練習が必要なわけですから。

NLPもまた、練習は必要です。
常に意識して、スキルをマスターしていく必要があります。
練習もせずに、「インチキ」というなら、ほとんどのノウハウやスキルはインチキになってしまいます。

まとめにかえて

未知のものは怪しく感じるし、上手い話はインチキに感じます。
恐らく、ネットの中でNLPは怪しいとか、インチキだとかおっしゃられる方は、

  1. NLPをきちんと学んだことのない方
  2. NLPを学んだけどその後、実践が続かなかった方
  3. 別のノウハウを広めたい方の宣伝文句として
  4. 強い関心はないけどイメージだけで評論している方

といった方が多いのではないでしょうか?

誰かが正しくて、誰かが間違っている、というつもりはありません。

ただ、最も重要なことは、
世の中でどう評価されているかではなく、あなたがどう評価するか?
ではないでしょうか。

999人の人が、インチキと思っていてもあなたにとってこのスキルが効果があるものであれば、ほかの999人の評価など関係ありません。
誰かがどういうかではなく、あなたがやるか、やらないかです。

もし、インチキかもしれない、怪しい、けど、気になる。
そう思う方は、体験セミナーでどんなものか体感していただくのが一番ではないかと思います。
少なくとも、私どもで開催する体験セミナーでは、おかしな勧誘は一切しておりません。

そんな機会をうまくご活用ください。

PAGE TOP