ぽるとソリューション

NLPセミナーを中心に講演

paypal
menu

いきなりNLPセミナーに申し込んではいけません!

2017.12.03

「NLPなんて、ビジネスに使えないじゃないか!」

たまに、そんなことをおっしゃる方がいらっしゃいます。
その方は、期待を胸にNLPのセミナーに参加したものの、
参加されている方々の層、セミナーの内容などにちょっと疑問を持ち始めました。

しかし、申し込んでお金も払い込んでいます。
途中でやめるわけにもいかず、スケジュールを淡々とこなしていきます。
「この次くらいには、ビジネスに応用できる話が聞けるかも・・・」
そんな期待を捨てることなく参加したものの、結局そんな話もなくセミナーは終了。
なんとも、消化不良な思いで会場を後にする。

そんな方も、少なからずいらっしゃるようです。

こんにちは、まんトレスタッフ”中の人”です。
今日はNLPトレーナーについての話をしてみたいと思います。

NLPトレーナーにみる二つのタイプ

マイナスをゼロにするNLP

NLPのトレーナーには、大きく分けて二つのタイプがいます。
まず一つは、セラピーを主眼とするトレーナーです。
セラピーというのは、辞書を引くとこうあります。

現代医学で行う、新しい治療法。特に、手術や投薬を伴わない、心理療法・物理療法。

心身の健康を目的としたもので、簡単に言うと

『マイナスの心の状態をゼロにもっていく』

という事が大きな目的になります。

心に傷を負った人や、心に詰まりがある人が、まずはそのマイナスの状況を脱し、
そのうえでプラスにもっていこうというシーンでのNLPの活用です。
どちらかといえば、心の傷をいやすことを主眼としているといえばわかりやすいでしょうか。

ゼロをプラスにするNLP

どんな人でも、大なり小なりコンプレックスがあったり、悩みがあったり、心の中にマイナス要素は持っていることがほとんどです。
とはいえ、日常生活を営むことに支障がないレベルを「ゼロ」としましょう。

この「ゼロ」の状態をよりよくしていこう、人生をさらに充実したものにしていこう、という事に主眼をおいたNLPトレーナー

がもう一つのタイプといえます。

たとえば、有名なアンソニー・ロビンスも、このタイプに分類されるでしょう。
どんどん人生を前に進めるにおいて襲い掛かる恐怖や、不安を取り除くサポートをしながら、
クライアントのよりよい人生の実現を目指しているといえます。

腹痛で整形外科に行く人はいない

専門分野を知る必要性

ところで、お腹が痛くなって整形外科で診てもらう・・・
という人は恐らくいらっしゃらないでしょう。

実は、NLPトレーナーにも得意分野とそうでない分野があります。
特に、ビジネスへの応用となると、トレーナー自身にビジネス経験があることが必須です。
NLPトレーナの中でも、傷ついた心をいやす専門家もいれば、
ビジネスでに飛躍をサポートする専門家もいる、という事なのです。

冒頭のお話は、もしかしたら、たたくドアを間違ってしまったのかもしれません。
とはいえ、それもそのはずで、NLPトレーナーは医院のように専門分野を明確にしていることはまれで、
一般の方から見たときに、どんな専門性を持っているかがわかりにくいことがあります。

NLPトレーナーの選び方

では、どのようにNLPトレーナーの得意分野を知ればよいでしょうか?
そのコツをいくつか挙げてみます。

  1. ホームページを確認する
    ホームページの全体の雰囲気、キャッチフレーズ、メニューなどを見ると大体そのNLPトレーナーがターゲットとする層がつかめます。例えば、柔らかい色合いのホームページであれば女性向けかもしれませんし、かっちりしたつくりならビジネスパースン向け。そんな視点でホームページを見てみてください。
  2. プロフィールを確認する
    そのトレーナーのキャリア、取得資格、コメントなどからそのトレーナーの得意分野を類推することができます。
  3. ブログがあればそれも確認する
    NLPは思考や心を扱う分野です。そのためには、やはり共感できるトレーナーから学びたいもの。トレーナーのパーソナリティがわかるブログやfacebookページがあれば、ざっと読んでみたほうが良いでしょう。相性の問題などもあるので、結構大事なことです。

満田明弘の得意分野

満田明弘プロフィール

トレーナーとクライアントには相性があります。
ですから、満田はあえて様々な形で、自分の考え方やパーソナリティを表現しています。

まずはプロフィールをご覧ください。 → ここをクリック
満田明弘のFacebook はこちら
満田明弘のブログ「販売のスペシャリストが呟くホントは言いたくない販売の極意」はこちら

このプロフィールを見て頂く通り、満田は「保険」という販売が難しいといわれる商品を扱う事業で起業しました。
しかし、社員とのコミュニケーションの問題などで、会社の運営も一旦は非常に大きなピンチを迎えたことがあります。
そんな折、NLPと出会い、その後はNLPを活用した営業研修や、幹部社員研修、マネジメント研修など企業向けの研修を多く手掛けるとともに、
経営者個人のビジネスにおけるNLPの応用のアドバイスをさせて頂いております。

満田明弘の想い

満田の根本的な想いは、

ギンギラギンの大人を多数輩出

することで、日本を元気にしたい!というもの。

どこか停滞した感じのある日本において、子供たちは無邪気な笑顔を見せる一方、
満員電車に揺られる大人は腐った魚のような目をしている人を多く見かけます。

それは、その人が悪いとか、社会の仕組みが悪いとか、言い出せばきりがありません。
しかし世の中を一瞬で買えることはできませんが、唯一、一瞬でかえることができるのは、
自分であり、自分の思考であり、自分の生き方
です。

大人が、光り輝くことで、
子供はその光に希望を感じます。
その希望は、日本の未来を作ります。

心の中に小さく閉じ込められた大人たちの光を取り戻すことこそが、
満田が目指す世界です。
その活動に、「いっちょ乗ってみるか」と思われた方は、
ぜひ声をかけて頂ければ喜びます。

タイプ別!人に影響を与える言葉の使い方テキストプレゼント

PAGE TOP