ぽるとソリューション

NLPセミナーを中心に講演

paypal
menu

なぜか自分の本当の姿を隠してしまう人たち

2018.08.02

こんにちは。
まんトレスタッフ”中の人”です。

誰とでも仲良くしたい。
そう思う人は少なからずいるようです。

だから、いつも自分を抑えて、
自分を小さく見せようとする人、
いるんじゃないでしょうか。

 

誰かの提案を断る事ができない。
頼まれごとを断ることができない。
「何が食べたい?」
と聞かれても「なんでも」と答えがち。

じつは心の奥底では、
今日はラーメンの気分かも、
なんて思っていても、
なんだか言い出せなかったりする。

 

たとえば、あなたは初めてあった人10人くらいの集団で、
「あなたの年収はいくら?」と聞かれて、
正直に答えることができるでしょうか?

これ、結構ハードル高いです。

あんまり高く言いすぎるのもどうかと思うし、
安すぎると恥ずかしい。
だからみんなの額を聞いてから、
そこからあまり離れていない数字を言おう、
なんて思ってしまうかもしれません。

 

年収が高かろうが、低かろうが、
それがあなたの価値を決めるものではありません。
それでもついつい、周囲と合わせてしまうんですね。

 

けど、人からどう思われてもいい、
事実の自分をさらけ出す、
こういう勇気を持った人は強い。

思ったことを口にできる人。
かっこ悪いことも平気で話せる人。
こういう人って、人間的魅力にあふれている。
中には嫌な奴、と思う人もいると思いますけどね。
少なくとも、本人のストレスは少ないはず。

 

 

「好感度芸能人ランキング」を見てみてください。
好感度上位の人は、たいてい嫌われ度も上位。
好感度だけ高い人って、ほとんどいません。
なぜかというと、その人がどんなにすばらしい人でも、
周囲で見る人は自分のコンプレックスをその人に移し見るんですね。

 

たとえば、いつもさっそうとしている人がいたとします。
それを見ている、「さっそうとしたいけどできないとしり込みしている人」からすれば、
その人はなんだかウザいんです。
格好つけてるように見えるかもしれないし、見下されてるように見えるかもしれない。

 

リア充な人を見て、「ウザイ」という人は、
やっぱり、非リア充な人なわけです。
こういう人がリア充になったりすると、
恥ずかしいぐらいリア充アピールするか、
リア充を楽しみ切れないかのどちらかのことが多いのですが・・・苦笑

 

ま、なんにしても誰にでも好かれる、ってのは基本無理なんです。
だったら、自分らしく生きたらどうでしょうか。
もしそれが難しいとしたら、きっと自尊心が足りないんだと思います。
自分で自分を愛しきれないんですね。

 

そんな心の仕組みを見えるかするのがNLP。
一度学ぶと、人生が変わります。
この機会に、体験講座にお越しになりませんか?

人間は価値観で生きている!!ビジネス心理学NLP体験会 IN静岡 8月24日

東京10期ビジネス心理学NLPプラクティショナー体験セミナー 9月2日

開催中セミナー

PAGE TOP