ぽるとソリューション

NLPセミナーを中心に講演

paypal
menu

人生を変えたいけど変えられない理由

2018.08.06

こんにちは。
まんトレスタッフ”中の人”です。

あなたは今の人生に満足していますか?
なにもかもオッケーで、楽しくてしょうがない?
ならばこれ以降読む必要はありません。

一方で、こんな思いをお持ちだとしたら、最後まで読み進めていただけると、何かしらのヒントが得られるかもしれません。

・具体的には嫌なところはないけど、なんとなく充実感がない。
・もっと収入があったらなぁ、と思うことがある。
・自分の人生を思いっきり生きていない気がする。
・いろいろやりたいことはあるけど、どれも実現していない。
・取り立てて困ったことがあるわけではないけど、毎日が充実しているとはいいがたい。
・昔から変身願望がある。
・もっと自信をもって話せたらな、と思うことがある。
・世の中の価値観が変わればいいと思っている。
・なにがやりたいことか、自分でもよくわからない。

もし、この中で該当するものがあるとすれば、あなたはきっとやりたいことを抑えているんだと思います。
「いやいや、そんなことはないと思いますよ」
と反論するかもしれません。
しかしそれは、我慢している事さえ気づかないほど自然に我慢をしているんじゃないでしょうか。

 

では、少し静かな場所で一人になって、次の質問について考えてみてください。

「いま、あなたがやりたいことはなに?」

 

さて今あなたが思い浮かべていることは、何かあるでしょう。
しかし、そこに至るまでに、即座に思い浮かんだものはなかったでしょうか?
たぶん何かしらあったんじゃないかと思います。
良ーく思い出してください。
たぶんあなたは、自分の意識でその内容を検討する前に、却下しているはずです。

そもそも私たちは、自分の本当の想いを即座に打ち消す癖を持っていることが多い。
こんなものであるはずがないとか、こんなことを考えるのは常識的ではないとかいう思いが自分の頭にはじめに浮かんだことを否定するわけです。
そして実は、その打ち消されたものこそが、一番やりたいことである場合が多いのです。
それを無意識に打ち消して、違う常識的な(もしくは他社から評価されやすい)希望を口にするわけです。

だから今一つ、充実感がない。
やりたいことがわからない、ということになるわけです。
本当にやりたいことを否定しておいて、やりたいことが見つかるはずはありません。
まず一つ目の注意点は、一瞬で消えていく、はじめに思い浮かんだものを大事にしてほしい、ということになります。

わかりやすい事例があります。
ある女性は「ダイエットを成功させたい」と書き出しました。
しかし、よくよく聞いてみると彼女がやりたかったのは実はダイエットじゃなかったんです。
彼女は素敵なパートナーを見つけ、結婚したい、というのが本当の想い。
なのに、「いまのじぶんでは、パートナーは見つからない」という前提を持っていて、そのためにはダイエットしなければならない、という考えをお持ちでした。
すると、ダイエットは本当にやりたいことじゃないわけで、本当にやりたいわけではないからなかなか続かない。
ダイエットが成功しないから、パートナーも見つからない・・・ということになってしまっていました。
彼女は、今の自分でも愛してくれる人がいる、という思いに至ることができてすぐ、素敵なパートナーと巡り合って今は幸せな家庭を築いています。

 

次にありがちなのが、やりたいことへの行動をストップさせてしまうことです。
ある占い師の方は、お金持ちになりたいと考えていました。
なのに、商売にあまり積極的ではありません。
一生懸命集客はするのに、タダみたいな値段で自分のサービスを提供するのです。

「お金持ちになりたいんだったら、占い料金を上げたら?」
とアドバイスしても、まったくその気配すら見せません。

なぜかと問うと、どうやら自分の能力ではこれが限界だ、という思い込みを持っていたみたいです。
値上げをしたらお客さんが来ない、と。

 

しかし実際は、お客さんは値段が安すぎて、その売らないをあまり参考にしていなかったのです。
逆に値段を上げた時を境に、お客さんの熱心度が変わりました。
おかげでリピーターができて、口コミでクライアントが広がっていきました。

二つ目の注意点は、「求めたい状況へ向かう行動をとらない」ということです。
主婦が起業したい、といいながら、SNSやブログも書かない。
なにもしておらず、1年後に会ってみたらやはり「起業したい」と言い続けています。
このかたに関して言えば、起業したいと考えている自分、という状況が心地がいいようです。
たしかに前に進めば、摩擦も抵抗もありますが、そこへの行動をしないことには成功するはずがありません。
そんな状況で、「引き寄せを勉強しているんです」といったところで、ちょっとどうなのかと思ってしまいます。

 

三つ目のケースは、腰を据えてやらない、ということ。
次から次へと関心が移り変わり、成功するまでやり切らない人はけっこう多いようです。
これがダメならあれ、あれがためなら次は・・・なんていう風に、何一つ身にならない人はけっこういます。
成功のためには、一定期間は集中してやることが必要なものが多い。
数か月、徹底的にやるということができずに、身につくことはあまりないと思います。
もう少しじっくり取り組む必要があると思うのですが、すぐに関心が移るのはそもそもそれは本当にやりたいことではなかったのかもしれません。

 

さて、人生を変えたい、という人はたくさんいます。
しかし実際にそれを成し遂げる人はごくわずか。
もし自分がうまくいっていないな、と思うときにはこの三つのことをチェックしてみてください。
もしかしたら、変化のヒントがあるかもしれません。

人間は価値観で生きている!!ビジネス心理学NLP体験会 IN静岡 8月24日

東京10期ビジネス心理学NLPプラクティショナー体験セミナー 9月2日

開催中セミナー

 

 

PAGE TOP