アズ・イフフレームは思い込みを取り去るとっておきの方法!

アズ・イフフレームとは、
「もしも~だったら」
という言葉・質問を使う事で、思い込みや心理的な壁を取り去り、

前向きな視方をする方法です。

八方ふさがりに陥ったとき

目の前が開けたようなシンプルな質問

人は生きていると、いろんな問題に直面します。
まさに八方ふさがりという状態がたまに訪れます。
そういったとき、一度「どうしようもない」と思ってしまうと、なかなか対応策は浮かばないものです。

実は、私自身そんなことがありました。
人というのは、一度「ダメだ」と思い込んでしまうと、そこへのこだわりから抜け出すことが非常に難しいものなんですね。

そんな時、ある方に言われたのが、こんな質問です。
「もし、そのことが出来るとしたら、どんな努力ができる?」
この質問を受けた瞬間は、そうはいってもなぁなんて反応でしたが、

実際にその質問を自分にしてみると、堰を切ったように次々と新しい考えが浮かんだのです!

物の見方を変える質問

こんな単純な質問で、あっという間に発想が変わってしまったのは、自分でも驚きでした。
実はこれ、脳の中で物事を違う角度から見るように仕向けているわけです。
たとえて言うと、マグカップは上から見ると「円」です。
しかし、横から見ると「長方形」です。

上から見て、「これは絶対円形なんだ!」と主張していた人が、
見る方向を変えるだけで、「あ、長方形でもあるんだ」とわかる。
これがバーチャルな感じで起こるような感覚ですね。

成功者になりきる

上手くいっている人の視点

アズ。イフフレームはこんな時にも使う事ができます。
例えば、自分にとっては困難な問題について考える時に、
「もし、○○さんだったらどうするだろう?」
という質問を自分に向かってします。

自分の感覚で考えてしまうと、自分の持つ「能力」(往々にして過小評価をしてますが)の限界を意識するあまり、
解決策に対するアイデアの幅が小さくなってしまいます。

だから、いつもうまくいく他人の視点を借りて考えてみます。
自分にとっては突飛なアイデアが出るかもしれません。
そんなのできるわけないじゃん!と(笑)

その時こそ、ぜひ、
「もし、私に出来るとしたら、どんな努力ができる?」
という質問を自分にかけてみてください。

きっと何かしらのヒントが得られることでしょう。

他人にも使えるテクニック

これは、自分に使うだけのものではありません。
友人や、お子さん、部下や同僚が困っているときに、ぜひ投げかけてほしいのです。
「もし、出来るとすれば、どんな行動をする?」
と。

一瞬にして人を変える魔法の質問

「もし、○○ならば」
という質問は、魔法の質問といえます。

ご自身の生活や仕事の中で、不可能に見えることにぶつかったときには、
癖のように問いかけてみてください。
「もし、そのことが出来るとしたら、どんな努力ができる?」

きっとあなたの人生を一変させるほどの力を持った質問です。

NLPでいうモデリングの方法とは?なりたい自分になれる心理学テクニック!

モデリングというNLP心理学のテクニックを使って、あなたがなりたい理想の自分になる方法を、お伝えします。

正しく実践すればモデリングの効果を感じることができるでしょう。

あなたの理想の自分は、どんな自分ですか?

憧れの人は、誰でしょうか?

明確にモデリング対象が浮かぶ人も、そうでない人でも、どちらでも使える基本の方法を紹介しますので、試してみて下さいね。

続きを読む →

ポジションチェンジのNLP心理学での使い方を具体的に教えます。

ポジション・チェンジはNLP心理学やコーチングではどのように使われるのでしょうか。

ここでは、具体的な活用の使い方、活用例を交えてお伝えします。

会社、営業先、家庭、恋人などなど、あらゆる人間関係で上手くいかないと感じる時には、あなたもぜひ、真似して試してみてくださいね。

続きを読む →

社員には、ボーナスよりチャンスを。

社員のモチベーションがなかなか上がらない。
そういうご相談をよく伺います。
そういった社長さんは、給与体系を触ったりいろいろ工夫されてるようですが、なかなかうまくいかないようです。

けど、工夫した社長ほど、その現実を目の当たりにされています。

ボーナスやインセンティブで、社員のやる気は上がらないことを。

 

実は、そんなことを研究した心理学者がいました。
報酬で人をやる気にさせられるか?という研究テーマだったわけですが、結果は惨憺たるものでした。
報酬の出し方を工夫することで、社員の不満を低減させることは可能であっても、それが前向きなモチベーションにはつながらない、という結論でした。

皆さんも、本当のところ、感覚的にそんな空気を感じ取っていたのではないですか?

別の研究では、インセンティブは社員のやる気を失わせる可能性があるとさえ言われています。

 

人のモチベーションは、外的要因と内的要因で形作られるといいます。
外的要因というのは、やらねばならぬ、的状況で外の刺激に起因するモチベーション。
しかし、最も強力なのは内的要因といわれています。

この内的要因というのが、「やりたくてしょうがない。」という湧き上がるような思い。
これを刺激してあげる必要があります。

 

この内的要因の大きな手助けとなるのが、

自律性・自己決定感

であるといわれています。

 

つまり、自分で決め、自分で行動している感覚です。
これは、なんとなく理解できる部分があるのではないでしょうか?

企業の経営者は、自分で決めることができるから仕事が楽しい。
もはや仕事が趣味となっている人はたくさんいますよね。
これが規律に縛られ、自由度が下がるともうとたんにやる気がなくなっちゃうわけです。

まんトレが仲良くさせて頂いている経営者のなかでは、保険の仕事をされている方が多いのですが、規制が厳しくなればなるほど
「仕事が楽しくなくなってきた」
とつぶやく経営者が多数出てきました。

 

だから、社内のモチベーションを上げるには、逆をやればいいんです。
今まで頼んだことのない仕事にチャレンジしてもらい、自分で自由に工夫してもらう
というのがとても効きます。

ところで、まんトレのスタッフの中でも、新たなことへのチャレンジをきっかけに、驚くほど輝きを増したスタッフはたくさんいます。
NLPをはじめとする心理学を経営者が学ぶことは、自分や会社の発展のみならず、周囲の人さえ幸せにすることができます。
まんトレが、NLPを広めたい理由はここにあるのです。

 

アソシエイト・デソシエイトで交渉や話し合いをスムーズに進める

仕事、営業、家庭、恋人と、相手となにか話し合いをしたり、問題を解決しなくてはいけないとき、どうしてもお互いに譲らず解決策が見出せないことも、ありますよね。

そういうときにぜひ試して見て欲しいNLP心理学のテクニックが、アソシエイトとデソシエイト。

アソシエイトとは、自分自身の視点から物事をとらえることです。
デソシエイトとは、自分以外の視点から物事をとらえることです。

では、具体的にこの2つの考え方をどのように役立てていけば良いのか、お伝えします。

続きを読む →

ミラーリング効果で信頼関係を築くNLP心理学での方法とは?

ミラーといえば、鏡。
ミラーリングというのは、相手のしぐさを鏡のように真似する事です。

ミラーリングの効果は、相手との信頼関係(ラポール)の構築を行う事ができるのです。

では具体的に、ミラーリングを使って信頼関係を作るにはどうすれば良いのでしょうか?

NLP心理学の講座で学ぶ「ミラーリング」の方法について、まとめてお伝えします!

続きを読む →

アズ・イフフレームは思い込みを手放すためのNLP心理学のとっておきの方法!

アズ・イフフレームとは、
「もしも~だったら」
という言葉・質問を使う事で、思い込みや心理的な壁を取り去り、

前向きな視方をするNLP心理学で使われる方法です。

思い込みによって、あなたの中にいつの間にかメンタルブロックが出来上がっていませんか?

ここでは、あなたの行く手を阻む思い込みをなくし、視点を変える方法を紹介していきますので、ぜひ試してみてください。続きを読む →

NLPの視線解析で相手の気持ちを読むアイ・アクセンシング・キュー(アイ・パターン)

アイ・アクセンシング・キュー、いわゆる視線分析でいう、アイは「eye」、つまり目の事です。

人の脳と直結している数少ない器官の一つがまさに目です。
実は、この「目」が脳の働きとかなり連動することがあります。

その動きを見ることで、脳がどの様な状態で働いているかを外から見ることができるとうのが、NLPの理論のひとつです。

ここでは、具体的にその理論がどういったものなのか、ご紹介をします。

続きを読む →

話を聞かない人との会話で相手の状態を見分ける方法とは?

人の話を聞いていない男性、子供、上司、友達・・。

ちょっと困ってしいまいますよね。

ここでは、相手の話を聞かない人のその時々の状態を見極めて、コミュニケーションをとるタイミングを見定めていく方法を、NLP心理学の理論からお伝えします。

NLP(神経言語プログラミング)において、アップタイムといえば外部からの情報・刺激に意識がある状態を言います。
逆に、ダウンタイムといえば自分の内面の情報・刺激に意識がある状態を指します。

これだけの情報だと、これをどう活用していくか、いまいちピンと来ないかもしれませんね。
事例を交えて説明させていただきます。

続きを読む →

アンカー・アンカリングとはNLPでどう使われるのか?

アンカーとは、日本語で「碇(いかり)」を意味する言葉です。
NLP(神経言語プログラミング)においては、五感における刺激と特定の心の状態や反応を結びつける引き金というニュアンスで語られます。

例えば、ある音楽を聴きながら恋人から別れ話を切り出されたことがあるとします。
そうすると、その音楽を聴くたびに当時の情景が克明に思い出される、といったことはないでしょうか?

この場合、音楽という五感(聴覚)の刺激を引き金に、別れ話であったりその時の感情が思い出されるという反応があります。
このケースにおいては、音楽をアンカーとして古い思い出が想起される状態といえるでしょう。
アンカーである音楽と、過去の記憶が結びついている状態をアンカリングといいます。

ー心の碇 アンカーー

NLPでいうアンカリングと、コントロールできたときの効果とは?

脳はズボラ?

人は無意識に、アンカリングを様々な形で行っています。
例えば、「うめぼし」という言葉を聞いた途端、口の中に唾液が分泌される、というのもまたアンカリングです。
どうやら、人間の脳はとても合理的に働くようで、考えることなく”反応”することで、自らの活動の省力化をしているようです。逆に言えば、脳は常にフル回転するわけではなく、出来る限り流れ作業のように情報処理をしようと工夫しているようです。

結果として、こんなことが起こります。

  • 過去に嫌いだった人と似た人に出会うと、思わず体がこわばってしまう
  • 何か新しい試みを試そうとするときには、過去否定された思い出がよみがえって動けなくなる
  • 仕事の重要な局面で、子供のころの失敗が思い出されて緊張してしまう
  • 会社の自分のデスクに座った瞬間から、強いストレスに見舞われる

ここで例示したのは、どちらかといえばネガティブな感情が引き出される事例ですが、ほかにもいろいろあります。

  • 近所の焼肉屋さんの匂いを感じると、急にお腹が空いたような気がする
  • 太陽の日差しが強くなってくると、夏をイメージしてワクワクしてくる

といったこともあるでしょう。

刺激→反応

例えば、レストランで食後の飲み物を聞かれたとします。コーヒー?それとも紅茶?と。その時、あなたの頭の中ではどんなことが起こっているのでしょうか?

どうしても、コーヒーが飲みたくて仕方がないときはきっとコーヒーを頼むでしょう。
しかし、どちらでも構わないとき、どちらを頼みますか?

この時、多くの場合、脳は一瞬のうちに過去の記憶をスキャンします。そのうえで、同じようなシーン、同じような気温、同じような場所、同じような同席者といった過去の食事シーンで似たシーンを無意識に探します。その無意識で探しだした記憶の結果、その記憶では
「あの日、あの時、あのレストランで、こんな食事をとったあとコーヒーを飲んだらおいしく感じた。」
といったものが引き出されたとしましょう。
すると、口から「コーヒー」とコーヒーを頼む言葉が出てきます。
人は、無意識に行動するとき、過去の記憶のデータベースから同じようなシーンを探し出し、その時の結果に照らし合わせた行動をとりがちです。
これが、コーヒーか紅茶か?というシンプルな問題ならよいのですが、人生の様々なシーンで出てくるから厄介なのです。

ーあなたの苦手意識はたった1回の失敗によるものかもしれないー

苦い経験

人には、様々な苦手意識を持っていることが多いと思います。
実は、これもアンカリングがなされている可能性が高いのです。
例えば、「文章を書くのが苦手」という意識を持っていたとします。
この場合、記憶をさかのぼってみると、何気ない子供のころの経験談がよみがえることがあります。

例えば、小学校の時の作文であまりいい点を取れなかったとか、友人の作文ばかり褒められて自分の作文は無視されたとか。
今となっては些細な経験かもしれませんが、文章を書くという事と、当時のつらい感情がアンカリングされているわけです。
だから、文章を書く、という仕事がやってきた瞬間、体がこわばり、憂鬱になります。

厄介なのは、小学校の経験など自分ではすっかり忘れてしまっているので、なぜ苦手か?という原因がわかりにくいのです。
当時の嫌な思い、恥ずかしい思いにアンカー(碇)をおろしているので、一瞬にしてその感情に手繰り寄せられてしまうのです。

きちんと考えれば、「小学生の自分と今の自分は違う」と、苦手意識を否定できそうなものですが、無意識にやってくる心の動きにあらがう事は非常に難しい。
というよりも、そういった心の動きがあることにさえ気づかないのです。

失敗談がいつまでも影響を与える理由

さて、心の主であるあなたに取っては、
いい加減そんな古い話で自分を惑わすのはやめてくれ!
と言いたくなることでしょう。

何しろ、
文章を書く必要が出る→小学校の嫌な感情が思い出される→書くのがつらい
なんていう、シンプルな心の動きがあなたの長年の苦手意識への悩みなのかもしれないのですから。
こういった反応は、人の行動を制限してしまいます。

とはいえ、これは人が生きるために必要なことなのです。
痛みや苦しみからあなたを遠ざけるための反応なのです。
逆に、こういった機能があるから、人類は今も生きながらえているともいえるでしょう。
だから、新しいことを始める(つまり一定のリスクがある)時には、動けなくなってしまったりもするんです。

ーアンカリングをポジティブに活用するー

良い心の状態とアンカーを連動させる

小さな子供であれば、リスクがあるところに近寄らないような心の反応はとても大事です。
痛い思いをすれば、そこには二度と近づかないようにするのが、人が無意識に行うアンカリングの効能です。
しかし、この文章を読んでるあなたは恐らく立派な大人です。
リスクの大小を判断し、あなた自身の責任において様々なチャレンジができるよう、心の自由を保ちたいものです。

これまで、あなたを守ってくれていた心の反応は、必要なものだけを残して無用のものは捨て去りたいもの。
そもそも、苦手意識なんて、手放したいですよね。
これらを書き換えるために、逆にアンカリングを利用しよう、という考え方があります。

無意識だったアンカリングを意識的に作り出し効果を出す

NLP(神経言語プログラミング)においては、アンカー・アンカリングをポジティブに活用する方法をお伝えしています。
例えば、あなたのモチベーションが最大化した状態っていうのはどんな状態でしょうか?
血沸き、肉躍る、といった状態。
まずは、この状態を再現していただきます。

ワクワクして、動きたくてしょうがない。
そんな状態ですね。

その状態を味わいながら、あるサインを考えて頂きます。
指を鳴らすとか、手を耳にあてるとか、どんなものでもOK。
できれば、人が見ていても怪しくない、さりげないしぐさがいいかもしれませんね(笑)

それを何度か繰り返すと、そのサインをした時に、最高の状態に感情を持っていくことができます。
体の動きやしぐさをアンカーとして、最高の状態を呼び出すのです。

これはアスリートでもよく見かけます。
イチロー選手が打席に立つときの”儀式”のようなしぐさだったり、トップレベルの選手ほどジンクスを気にする傾向があったり。
オリンピック選手でも、試合前には必ず決まった曲を聴くとかいう話はよくありますよね。
こういったアスリートの場合、心の状態を保つコーチがついていることも多く、そのコーチの指導によるものであることも多いようですが、自身の試行錯誤からこういったことを行っている選手も少なからずいるようです。

このアンカリングを上手く活用するだけで、人生は大きく変わります。