ぽるとソリューション

NLPセミナーを中心に講演

paypal
menu

自信がある人、自信がない人、どちらが悪い?

2018.02.27

こんにちは。
まんトレスタッフ”中の人”です。

自信がない。
これって、いいことだと思いますか?
それとも悪いことだと思いますか?

いろんな答えが当然あるでしょう。
そして、私はどれも正解だと思います。

 

まず、自信がないということは、学べるということです。
例えば、漢字テスト100点満点になる自信満々。
そういう人は、テスト勉強もほどほどで終わらせますね。
一方、漢字テストは自信がない。
そう思えば、結構時間をかけて勉強することでしょう。

 

逆に、自信があるというのは、物おじせずできるということです。
初めてチャレンジするスポーツでも、意外と根拠のない自信を持っている人はいるもの。
こういう人は、遠慮なく実践します。
で、実践した結果、うまくいくかもしれないし、うまくいかないかもしれない。
うまくいかないと「こんなはずない」と、自分が信じてるレベルまではシャカリキにやりこみます。
結果、できるようになっちゃうんですね。

 

ということで、自信があってもなくても、その能力を活かすことはできます。
あるひとは、足りない自信を満たすため。
あるひとは、自信に足りない実力を満たすため。
動機はどちらであったとしても、結果は同じところにたどり着きます。
できるようになる、というところですね。

 

自信があるか、ないかももちろん重要な要素ですが、
もっと大事なのは意志の力です。
自信がないから何もできません、という意志の力がない状態だと、自信がないことがデメリットになります。
自信があるからなんでもできる、という幻想の中にいて動こうとしないと、これまた自信があることがデメリットになります。

自信がある、自信がない、という状態をあなたの意志はどうとらえるかが最も重要な問題なのです。
自信がある、自信がない、という感覚は、あくまであなたの意志が使いこなすべき道具です。
それぞれに、強力な力を持った感覚ですから、その力をどこかに方向づけてあげると、絶大な能力を発揮します。

力を方向付けるのがあなたの意志です。

 

さて、いきなり意志と言われても・・・
と二の足を踏む人もいることでしょう。
いわゆる、「やりたいことがわからない」状態。
これは自分の心の奥底に、自分の本心を沈めてしまった人が感じることが多い。
厳しい親に育てられたとか、家庭環境が複雑だったとか、衝撃的な出来事で心折れる経験をしたとか、
過去の経験の中で「本当の自分を人に見せることが恥ずかしい」「本当の自分を表現したら嫌われてしまうかも」
「本当の自分では認められないかも」という不安がもとにあります。
このクセは、すぐには治らないかもしれませんが、少しずつ自分の革新に触れていくことは可能です。
もともと、NLPは、そういった心の奥底に押し込められたものを光に照らすための技術ですから。

 

その意志の力、開いてみませんか?
そのためには、NLPがお役に立てると思います。

開催中セミナー

PAGE TOP