ぽるとソリューション

NLPセミナーを中心に講演

paypal
menu

NLP心理学とは何なのか分かりやすく総まとめ!セミナーや資格も解説!

2018.10.25

NLPとは一体、なんなのでしょうか?

NLPが誕生した背景から、NLPという言葉の意味、NLPを学んだとしてどのように生かせるのか、そしてNLPの資格とはどんなものなのか、まとめて概説をします。

こちらの記事を読むと、NLPについての概要が大まかにつかめると思います。

NLPセミナーとは何なのか?

「望む成功と幸せを手に入れる魔法を手にすることができる」

人生は、自分が選択し、自由に好きに生きることができるはず。

人生を変えたい、もっと成功したい、幸せな人生を送ることができたら。そう思ったことはありませんか?

あなたは、自由に思った通りの人生を生きているでしょうか?

「それは確かに素晴らしいことだ。自由で思った通りの人生を生きられたら幸せだ。でも実際の人生は違うよね」と思ったあなたにNLPをおすすめします。

この記事では、NLPの誕生について、またどのように活かせるのかについてまとめています。

NLPの誕生

NLPは1970年代にアメリカのカリフォルニア大学で、リチャード・バンドラーとジョン・グリンダーが、様々な分野で超一流の活躍をしている優秀な天才セラピストたちの行動を徹底的に分析・研究することから始まりました。

その天才セラピストとは、サイバネティクスのグレゴリー・ベイトソン、催眠療法のミルトン・エリクソン、家族療法のバージニア・サティア、ゲシュタルトのフリッツ・バールズとそうそうたる顔ぶれです。

これらのセラピストたちのコミュニケーション、行動パターンを徹底して分析・観察し、新しく誕生したのが、言語学と心理学を効果的に組み合わせたNLPと呼ばれる誰でも簡単に使えるシステムです。


NLP
は、変化が早く効果が大きいことが特徴です。誰もが、このNLPのシステムを使うことで望む人生を短時間で手にすることができるのです。

誕生当初は、セラピストに評判だったのですが、セラピー以外にも効果があると現在では、政治、スポーツ、ビジネス、教育などの分野にも取り入れられて、多くの有名人がNLPを学んでいます。

政治の世界では、アメリカの大統領だったビル・クリントン氏オバマ氏など。スポーツの世界だとテニスプレーヤーのアンドレ・アガシ氏が挙げられます。ハリウッド俳優のアンソニー・ホプキンズ氏NLPを学んでいるそうです。しかし、特別な人だけが使うものなのかというとそうではありません。それら有名人がNLPに求めるものも、私たちと同じく、自分のとって望ましい結果をイメージし、上質な人生を選択していくための方法なのです。ですからNLPは、誰でも学ぶことができます。また事前に取得していなくてはならない資格や知識も不要です。

NLPは何の略か?

NNeuro(神経)」

LLinguistic(言語)」

PPrograming(プログラミング)」

のことで「神経言語プログラミング」と呼ばれています。

Neuro(神経)」は「五感、体験」のこと。この「五感、体験」と「Linguistic(言語)」言語が脳でプログラミングされ、このプログラム通りに人は行動し、話すと考えられています。

わたしたちは、生まれ落ちた瞬間には真っ白な状態ですが、育っていく過程環境や教育の過程で、体験することと聞いたり話したりする言葉によって無意識的に脳のプログラミングにプログラムをインプットし、行動をコントロールしているのです。このプログラムの内容により幸・不幸、成功・失敗が決定されるのです。

このことから、NLPは「脳の使用説明書」とも言われます。使用説明書ですから正しいプログラムならばうまく機能するというわけです。もし行動に支障があるとすれば、脳の使い方としてインプットされているプログラムを書き換えることで変容が起きるのです。

NLPを活かす場面と誰が学んでいるのか

NLPを活かす場面は、

・家族、上司同僚部下、恋愛などの対人関係を改善する

・経営、営業、マーケティングなど仕事で成果をあげたい

・仕事、就活、スポーツなど目標を達成する

・経営者、政治家、リーダーとしてリーダーシップを発揮したい

・コーチング、カウンセリング力を高める

・学校や予備校の先生、親子など教育現場で活かしたい

・方向性を見いだしたい

・落ち込んだときにすぐに心を立て直したい

・現在抱えている問題を解決したい

・自分らしい人生を生きたい

など日常生活のあらゆる場面で活かすことができます。

NLPのトレーニングコースを受講する人は、会社の経営者、個人事業主、スポーツ選手、教師、これから何かしたいと考えている人、サラリーマン、主婦など多岐にわたっています。

NLP資格の種類

NLP認定資格取得は、基本的に下記のように進みます。

NLPプラクティショナー(810日間、各スクールによって異なります)

NLPマスタープラクティショナー(810日間、各スクールによって異なります)

NLPトレーナー(期間や受講料は各スクールによって異なります)

 

これから始める人はNLPプラクティショナーのコースを選ぶことになります。

現在は、各地に多くのスクールがあり、学びやすくなっています。

NLPは広い分野で活用できるシステムです。あなたがビジネスで役立てたいのか、心理カウンセリングの分野で役立てたいのかによって講師を選ぶことも大切です。必ず講師のプロフィールを確認し、自分の活用したい分野に長けている人かどうかをチェックしましょう。

ほとんどの団体で、体験講座を開催しています。まずは、体験してみることがおすすめです。

また、講師から個人セッションを受けるのもおすすめです。せっかく学んだことを活かすには、実践をしていること、実績があることなど本物を選ぶことが大切です。

まとめ

NLPを学んだ当時、私は不幸でネガティブな人でした。とにかく癒されたい、でもいくらセラピーを受けても学んでも何も変わらないともがいていた私を見かねた人たちからNLPがいいんじゃないかとすすめられ、何の期待も持たずに体験セミナーに参加しました。13年前のことですが、魔法のようだと感激したのを覚えています。

ネガティブだった私は、思うように仕事をしたいが、仕事が好調になると家族に問題が起き、仕事を犠牲にしなくてはならない。そこで、人生上手く行きかけると邪魔が入る。私は思う通りに生きられない。とプログラミングされ、頑張っても上手く行くはずがない、となったわけです。この思考パターン、行動をコンピューターのように書き換えをしてくれたのがNLPという魔法のツールでした。現在では、自由に自分らしく仕事も生活も楽しんでいます。

人生を自分の望み通りに生きられたら。そう願うすべての人にNLPセミナーをおすすめします。

 

PAGE TOP