ぽるとソリューション

NLPセミナーを中心に講演

paypal
menu

ティーチングとコーチング

2018.06.27

こんにちは。
まんトレスタッフ”中の人”です。

 

コーチングってことば、ご存知ですか?

あまり日頃は認識がないかもしれませんが、人を指導するにあたっては、
・ティーチング
・コーチング
という二つの種類に大別されます。

ティーチングというのは、指導者が知っている知識やスキル、コツや経験などを伝えるという指導。
先輩が後輩に対して、●●するときは、こうやってやってね、という感じだったり、
先生が生徒に対して、教科書の知識を教えたりという感じです。
マニュアル化された作業を伝えたりするイメージを思い浮かべるとわかりやすいかもしれません。

もう少し突っ込んで言うと、ティーチングは基本的に指導担当者を超える指導はできません。
上位者から下位者へ知っていることを指導するのが基本的なパターン。

 

一方、コーチングというのは、知識を相手に植え付けるのとは少し違います。
どちらかというと、相手の中にある経験や能力を引き出してあげる動作です。
つまり、コーチは相手の想いを引き出すとか、相手の考えを引き出すとか、相手の能力を引き出すとかいうことが目的であるため、会話は質問を中心に行われます。

教えるのではなく、思い出させるとか、思いつかせるといった感じでしょうか。

 

お客様との関係の中で、どういった環境を作るかは考えどころです。
特に士業の方や、保険業界の方、FPの方と言えば、顧客と長い付き合いになることが基本です。
こういったときには、ティーチングで接する分野と、コーチングで接する分野が必要となるのではないでしょうか。

たとえば、顧客の相続対策を提案したいとしましょう。
多くの方は、ティーチングばかりをやってしまう。
こうなったら、法律上こんな問題が出てきますよ。
こうなったら、税務上こんな問題が出てきますよ。
こういった知識をお客さんに植え付けるわけです。

しかし、お客さんは、なんとなく気分を害して、
「そんなことはわかってる!」
と怒鳴り始めるかもしれません。

 

論理的に対策が必要とは理解できていても、感情的に動き出せないことが多いようです。
なにしろ、相続の問題というのは、自分が死んだ後という前提です。
その時点で、恐怖だったり、不安だったりいろんな気持ちが去来することは間違いないでしょう。
しかし、コーチングでは、まったく違うアプローチをします。
たとえば、その人がどんな人生を送りたいのだろう?
その人生を送るために何が必要だろう?
今やっておいたほうがいいことは何だろう?
そんな質問から、気づきを促していくことになります。

ティーチングと違って、コーチングはお客さんとのつながりを創り出すステップでもあります。
ですから、一過性のこととして終わらせるのではなく、少しずつ少しずつお客さんの建前に隠されてきた本音に迫っていきます。
はじめのうちに言っていたことと、数週間後にいう個とは違うかもしれません。
それはなぜかというと、今まで気づかなかった自分の本心にふれたのかもしれませんし、自分の考えをあまり表に出さないでおこうと思ったのかもしれません。
なんにしても、一方的に教えるのとは違った人間関係を築けるはずです。

 

なのに、士業、保険代理店、FPの方々は知識ばかりを積み上げようとされているケースは多いのではないでしょうか。
これは相手を説き伏せるための理論武装。
その前に、お客さんの本心を知るすべを持ったほうが意外と近道なのではないでしょうか。

 

コーチングは相手によって、さまざまな展開が考えられるので教えられるのは基礎部分。
後は経験の中で学んでいき、自分なりのコーチング手法を確立するというのが一般的でしょう。
その基礎になる知識は、NLPのセミナーでもお伝えすることがあります。

ぜひいちど、のぞいてみてください。

開催中セミナー

 

 

PAGE TOP