営業マンがメガネを掛けるとどんな印象になる?メガネ選びのポイントも

営業は”第一印象がものをいう”と言われています。

見た目からくる印象はとても大きいので、身に付けるアイテムは重要。

特にメガネをかけるかかけないかで印象はガラッと変わるものです。

今回は、営業マンがメガネをかけるとどのように印象が変わるのかを見ていきます。

営業マンがメガネを掛けるとどんな印象を与える?

営業マンがメガネをかけることによって、印象がガラリと変わります。

ただ、メガネの種類によっては相手に与える印象もだいぶ変わるので、自分がどんな印象を持たれたいのかを先にイメージする必要があります。

メガネをかけることで相手にどんな印象を与えることができるのか大きく分けて3パターンあります。

  • 賢くみえる
  • 温和で優しい
  • 堅苦しい

賢くみえる

まず一つ目にメガネをかけると賢く見えるというものがあります。

なんとなく、メガネをかけていると知的に見えますよね。

ただ、どんなメガネでも知的に見えるかというわけではなく、フレームがスクエアの場合だと賢く見える傾向があります。

表情が豊かな人がかけると、良い効果を発揮します。

温和で優しい

オーバルなフレームメガネを付けると温和で優しいイメージを与えることが可能です。

休日に子供と外で遊んでいるパパを想像すると分かりやすいと思います。

あまり感情表現が得意でないという方は、このメガネをかけると、相手にも安心感を与えられます。

親しみやすさを出したい時にはこのメガネを選ぶようにしましょう。

堅苦しい

メガネ選びで一番やってはいけないのが、堅苦しさを出してしまうことです。

あまりフレームにこだわらずに、フレームが角ばったメガネを選んでしまうとこのようなことが起こりえます。

ですので、メガネ選びは慎重に。

営業マンがメガネを選ぶ時のポイント

営業マンならメガネを選ぶ時のポイントを抑えておきましょう。

順番としては下記の通り。

  • 自分の印象を把握する
  • どんな印象を持たれたいのかを設定する
  • メガネを選ぶ

自分の印象を把握する

まず最初にすべきことは自分の印象を把握することです。

自分自身で思っている印象と周りが思っている印象には齟齬が生じるもの。

しっかり、同僚や上司から

「自分ってどんなイメージがある?」

と聞いてみましょう。

そのイメージを材料にしてメガネを選んでいくといいです。

もし、最初から「知的なイメージがある」なら、さらに知的なイメージを出さなくてもいいのです。

むしろ、知的なイメージなら、親しみやすさを出していく必要があります。

知的と親近感、どちらも兼ね備えていたら鬼に金棒ですよね。

まず、自分の印象を客観的に分析するところから始めてください。

どんな印象を持たれたいのか設定する

次に相手にどんな印象を与えたいのを設定します。

親しみやすさにかけるのであれば、柔和で優しい印象を与えるメガネを選ぶべきですし、信頼感にかけるのであれば、知的に見えるメガネを選ぶべきですよね。

ゴールを先に定めることによってメガネを選びやすくなります。

メガネを選ぶ

ゴールの印象を決めたら、実際にメガネを選びましょう。

参考までに以下にフレームと印象付けるイメージを載せておきます。

  • スクエア:知的でかしこい
  • オーバル:柔和で優しい
  • ブロウ:相手の印象に残りやすい
  • ウェリントン:レトロ感を出せる
  • アンダーリム:フェイスラインを引き締める

相手に印象付けたいところに合わせてフレームを選ぶようにしていきましょう。

営業マンのメガネ選びの注意点

営業マンならメガネ選びには余念を残さないほうがいいです。

適当に選んでしまうと、”堅苦しさ”を与えてしまい、損してしまうこともあります。

ですので、しっかりと印象付けたいところに合わせてフレームを選んでいきましょう。

フレームにこだわりが見られると

「この人はデキる人だな」

と印象付けることも見込めます。

ただし、ファッショナブルすぎるのはNGです。

ファッショナブルなメガネとはこういったものです。

プライベートで使う分には非常にオシャレですが、ビジネスの場にはふさわしくありませんよね。

サングラスとかあまりにもカラフルだとかは絶対に辞めましょう。

あくまでビジネスという場にふさわしいメガネを選んでくださいね。

基本は黒、シルバー、ブラウンといった落ち着いた色のフレームが良いです。

心理学を使って営業成績を伸ばそう

見た目の印象は営業成績にも大きく影響してきます。

【印象】について勉強していると、仕事にも役立ってくるので、ビジネスマンならだれもが学ぶべきだと思っています。

心理学では人の印象について学ぶことができます。

 

ですので、心理学を学ぶということはビジネスにも役立てられるということでもあるのです。

 

ぽるとでは、心理学をビジネスに活用してもらいたいという思いからNLPセミナーを実施しています。

これから営業成績を伸ばしていきたいと熱い思いを持っている方はまずセミナ―ページをご覧ください。

あなたとセミナー会場でお会いできることを楽しみにしています。

なんでも質問のすることが出来るLINE@は下記から!

友だち追加

関連記事

アンカリングでいつでも最高の状態を ~NLP的実力発揮術

アンカリングでいつでも最高の状態を ~NLP的実力発揮術

嫌な人が頭から離れない時の心理状態とは?嫌な人を忘れるための方法も

嫌な人が頭から離れない時の心理状態とは?嫌な人を忘れるための方法も

親子間のコミュニケーション不足が発生する原因とは?改善対策についても

親子間のコミュニケーション不足が発生する原因とは?改善対策についても

ブレインダンプのやり方とその効果とは?ストレス軽減にも効果的!

ブレインダンプのやり方とその効果とは?ストレス軽減にも効果的!

幸せをどこで感じるか?

幸せをどこで感じるか?

ずばり!!マネジメントの極意とは?

ずばり!!マネジメントの極意とは?

リンゲルマン効果による社会的手抜きの防止策は?逆に利用する方法も

リンゲルマン効果による社会的手抜きの防止策は?逆に利用する方法も

それは私たちの業界ではできない・・・ってホント!?

それは私たちの業界ではできない・・・ってホント!?

今すぐ受け取れる価値は何ですか?

今すぐ受け取れる価値は何ですか?