ぽるとソリューション

NLPセミナーを中心に講演

paypal
menu

学んでいる自分に酔うために学ぶ?

2018.06.25

こんにちは。
まんトレスタッフ”中の人”です。

私の周囲には、お金のビジネスにかかわる人がけっこういます。
保険、FP、税理士などなど。
こういう人たちは、総じて勉強熱心です。

こういう方々に最近どんなセミナーに参加したか聞いてみたことがあります。
・同業者の体験談ややってうまくいったことの話
・仕事に関する技術的な知識の話
この二つのパターンが多いのではないでしょうか。

そしてどんな気持ちになったかと聞くと、
・明日から頑張れる
という言葉が圧倒的でした。

 

さらに聞いてみます。
「で、あなたは何をするんですか?」
となると、ちょっと微妙な感じでした。
気持ちが前へ向いているのはとてもいいことだと思います。
けど、気持ちだけで、具体的に何をやるかが決まっていないのです。

 

私がおすすめするセミナーの聞き方があります。
それは、その時間内で聞いた話から連想した具体的なアクションを、一つか二つピックアップする。
そしてそこだけ忘れないように帰り、翌日からそのアクションをスタートさせることです。

 

というのも、人間の集中力には限界があります。
諸説ありますが、15分くらいが限界とも言われています。
そうすると、あれもこれもと欲張っても、どれもこれも中途半端になりがちです。
そもそもセミナーというのは知識を蓄える場所ではないのが一般的だと思います。
そこで得た情報を、自分のものにし、加工し、ビジネスや人生でどう活かしていくかが重要です。
1時間であれば、1時間の内容を丸暗記することが必要なのではなくて、取りこぼした情報があったとしてもひとつ、ふたつ、未来につながる”行動”があれば十分なわけです。

しかし逆に、多くの場合、気持ちが高揚するのはいいとして、そんなものは三日すれば消えてなくなります。
その時に残るのは、行動です。

そして新たな行動を習慣化し、定着させ、成果につなげるなら何十個もの行動はできるはずがありません。
セミナーでは、一つか二つ。
多くて三つ。
必ず実行することを考えながら聞いてください。

 

この話は自分が受け取るとしたらどういう意味だろう?
この方法は自分の会社でやるとしたらどのような効果をもたらすだろう?
一見自分達と関係ないように見えるこの情報を、自分たちが応用するとどうなるだろう?
そうやって考えながら聞くことが重要です。

 

私たちは、教科書の1ページ目から、最終ページまでをマスターするよう癖づけられています。
しかし、覚えるだけならいざ知らず、現実社会に応用するならそんな量の学びは不可能にちかい。
だから、そのセミナーの価値を最大化させるためには、一つの行動を始めるつもりで聞いてみてください。
そうすれば、セミナー代金を大きく上回る価値を感じることができるはずです。

 

NLPのセミナーにおいても同様で、すべてを網羅しようと思ってもそれは難しい。
始まりは、ちょっとしたノウハウからでいいのです。
これを継続的に繰り返し、効果を確認しながら、自分のものにしていく。
そうすることで、人生そのものを変化させるきっかけになるはずです。
ある人は、仕事を変えました。
ある人は、会社の方針を変えました。
すべてきっかけは、小さな小さなことの実践から始まりました。

ぜひ、あなたの学びを、世に問う行動を行ってください。

開催中セミナー

PAGE TOP