男性が腕を広げる時の心理状態とは?腕を組んでいる時の心理についても

男性の心理は腕の動きによって見えてくる傾向があります。

ぜひ、女性の皆さんは男性の腕の動きにも着目してみてくださいね。

主な腕の動きとして挙げられるのは、腕を広げる動作。

腕を広げる動作をしている時、男性は一体どんな心理状態なのでしょうか?

また、逆に腕を閉じている時、つまり腕を組んでいる時についても気になるところです。

こちらの記事では、男性が腕を広げている時と腕を組んでいる時の心理状態について解説していきます。

 

男性が腕を広げている時の心理状態とは

腕を広げるようなケースってイメージしづらいと思いますが、ここで言う腕を広げるポーズとは、腕を広げて手に腰を当てているポーズのことを指しています。

男性でこういう仕草をとっている人は多いですよね。

仁王立ちする時にもよく使うポーズです。

実はこのポーズをとっている時の男性心理は、自分を大きく見せたいという心理が働いています。

男性は権威とか権力とかそういったものを欲しがります。

腕を広げて手に腰を当てている状態の男性は、自分のことを大きく見せて、尊敬されたいと思っているのです。

そういう男性がいたら褒め倒してあげてください。

自己顕示欲が高い状態にあるので、褒めてあげたら欲が満たされて満足するでしょう。

手の動きで分かる男性の心理状態5選!手のひらを見せる動きについても

 

男性が腕を組んでいる時の心理状態とは

逆に腕を組んでいる状態はどういった心理状態かと言いますと、心を開いていない時です。

言い換えると、警戒心を抱いているとも言えますね。

腕を組んでいるポーズは、胴体を相手に見せない姿となります。

自分のボディを隠すことによって、身を守っているのです。

警戒心を抱いている時の心理状態だと、他には両手を握っている時もあります。

腕を組んでいたり、両手を握っていたりしている時は相手の様子を探っていたり、出方を伺っている可能性が非常に高いです。

初対面やよく分からない人といる時はこのようなポーズをしがちです。

取引先との会議室では腕を組んでいるビジネスマンが多く存在します。

腕を組む時の心理が警戒心を抱いているということを知っていると、お金が絡む問題ではお互いに牽制するものだということが分かりますよね。

ただ、男性の中にはこのポーズをとると偉そうに見えて印象が悪いということも分かっているので、警戒心を抱いていたとしても意識的に腕を組まないように努力しているケースもあります。

腕を組んでいないからといって、別に警戒心を抱いていないということにはなならないので、安易に判断しないようにしましょう。

手を上げて挨拶する人の心理状態とは?目上の人に対してやっても大丈夫?

 

心理を読むにはよく観察すること

今まで、腕を広げている時は自分を大きく見せようとしている心理が働いている、腕を組んでいる時は警戒心を抱いている心理が働いているという話をしてきました。

ですが、必ずしもこの心理状態が当てはまるわけではありません。

腰が痛い時に腕を広げて腰に手を当てているケースもありますからね。

こういった時は別に自分を大きく見せようとしているわけではないということはお分かりいただけると思います。

相手の心理を見抜くためには、よく観察することが大切です。

心理学はあくまで統計なので全ての人に当てはまるというわけではありません。

人の数だけ心があります。

なので、心理学の知識はあくまで参考資料程度にとどめておき、都度相手の様子を詳らかに観察する必要があります。

 

観察というと響きが悪いですが、相手に関心を払ってあげることが大切です。

関心を持って相手のことを見ていると僅かな表情の動きや言動で心が読めるようになってきますよ。

表情とか言動とか表面的なところだけに注目するだけでなく、相手がどんな心理状態なのか想像するといいでしょう。

相手の立場を考えると、どんな心境なのかイメージをふくらませることで心を読む能力は養われていきます。

普段から相手の心理に意識を向けるのがコツですね。

 

相手の心理に意識を向けることは心を読む能力が養われるだけでなく、相手のことを優先的に考えることになるので、人格者と思われるようにもなります。

自分の意見よりも相手の気持ちを優先していたら、気遣いのできる人と思われやすくなります。

心理を読むことは自分の人間力を高める上でもとても効果的です。

そうそうが口癖になっている人の心理状態3選!上手な相槌の方法についても

まとめ

・腕を広げて腰に手を当てている時は自分を大きく見せようとしている心理が働いている

・腕を組んでいる時の心理状態は心を閉ざして警戒心を抱いている

・相手の心理を読むためには、相手をよく観察することが最も大事

 

心理学には仕草から相手の心理を読むという技法もあります。

こういった知識を身につけていると、コミュニケーションを円滑に進められたりとメリットが多くあります。

ですが、心理学は座学で終わってしまっては勿体ありません。

NLPは実践心理学の領域の学問で、座学で得た心理学の知識を実践に使っていくものです。

行動が変われば人生が変わる。

NLPには人生を変える可能性を十分に持っているのです。

恋愛や夫婦間での関係性作りで悩んでいるという方はNLPセミナーを受けてみませんか?

驚くほどに効果を感じると思いますよ。

興味のある方はセミナーページを御覧ください。

個人向けセミナー

なんでも質問のすることが出来るLINE@は下記から!

友だち追加

関連記事

営業社員が成長するために通る3段階とは?

営業社員が成長するために通る3段階とは?

自分を愛そう

自分を愛そう

ミラーリング効果で信頼関係を築くNLP心理学での方法とは?

ミラーリング効果で信頼関係を築くNLP心理学での方法とは?

セミナーの効果を高める方法

セミナーの効果を高める方法

ヒエラルキーとホラクラシー

ヒエラルキーとホラクラシー

「なりきる」ということ

「なりきる」ということ

なぜ、私がNLPを学んだのか!!

なぜ、私がNLPを学んだのか!!

未来に不安を感じる自分から、出来てしまって自信満々な自分に変わろう!

未来に不安を感じる自分から、出来てしまって自信満々な自分に変わろう!

複雑な時代に必要なシンプルな思考

複雑な時代に必要なシンプルな思考