ぽるとソリューション

NLPセミナーを中心に講演

paypal
menu

NLPプラクティショナーコースを修了するとどうなるのか?

2018.10.03

NLPプラクティショナーコースに関心を持っていただける方がますます増えています。
しかし、NLPと言ってもどこかつかみどころがない。
そんな風に感じておられる方は多いと思います。
今回は、NLPプラクティショナーコースを受けることで期待できる変化と、期待できないことについて考えてみましょう。

NLPプラクティショナー資格で起業できるか?

資格があれば起業できるのか?

世の中にはたくさんの資格があります。
その中でも、国家資格はやはり国の後ろ盾があるということもあって人気のようです。
たとえば、弁護士資格、司法書士や行政書士、社会保険労務士や税理士、公認会計士などなど。
ではこういった資格があると、起業できるでしょうか?

できるともいえるし、できないとも言えます。

もちろん、独立して「起業的」なものはできます。
しかし、実際にお客さんがついて、安定的に収益を得られるようになるのは非常に難しいようです。
以前と違って、弁護士資格を持った人でさえ、十分な顧客を集めることが難しいと言われる昨今。
資格があれば起業できる、という話はどこにもない。

そう考えておいたほうが良いと思います。

NLPプラクティショナー資格の位置づけ

NLPプラクティショナー資格は、あくまで民間団体による資格です。
ですから、認定証を掲げることで、お客さんが集まってくるかと言えば残念ながら難しいでしょう。
日本国内だけでもたくさんのNLPプラクティショナー資格保有者がいます。

また、弁護士や税理士といった国家資格においては、常に具体的業務と紐づいた資格です。
弁護士でなければ弁護士の仕事はできないですが、NLPプラクティショナー資格を持っていなくとも営業はできるし、社内研修もできます。
その内容の良し悪しはあるでしょうが、必須の資格ではない、と言わざるを得ません。

NLPプラクティショナー資格は転職や就職に有利か?

NLPプラクティショナー資格が就職や転職に有利か?と聞かれると、実際のところはケース・バイ・ケースと言わざるを得ません。
そもそも企業側が、NLPプラクティショナー資格で何ができるかが理解できないケースもあります。
さらに、業務の内容(たとえば工場での流れ作業のような他者とのコミュニケーションを必要としない業務など)によっては、NLPプラクティショナー資格が活きにくい場合もあります。
しかし、例えばそういった新たな学びに対して積極であるとか、コミュニケーション不全を起こしている会社であったり、モチベーティブな人間を探している会社にとっては、有利に評価される可能性もないとは言い切れません。

逆に、NLPプラクティショナー講座で学んだことをフル活用し、面接官にあなたの印象を上手に植え付けることができれば実践的にNLPは役立ったと言えることもあるでしょう。
また、NLPプラクティショナー資格をなぜ取得したか?という話の中で、その資格の価値以上のものを訴求することも可能となります。

従って、NLPプラクティショナー資格そのものが転職や就職に有利となるかどうかは分かりませんが、そこで学んだスキルを活用することで面接などでより良い結果を導き出すことは可能性としてあり得るのではないかと思います。

NLPプラクティショナー資格を頼るか?活用するか?

ここで一つの結論めいた話をすると、NLPプラクティショナー資格を「頼る」とあまり効果は期待できない可能性が高いと言えます。
一方で、NLPプラクティショナー資格を取るに際した学んだスキルを「活用」すると、結果を大きく変えることは可能だと言えます。

そもそもNLPプラクティショナー資格は、実践で使える形でNLPをお伝えすることを重視しています。
資格という紙切れではなく、そこで学んだスキルを磨くことが最大のあなた自身への貢献になるのではないかと思います。

NLPプラクティショナーコースを受講する効能

他者とのコミュニケーションにおけるNLPプラクティショナーコース

NLPはカウンセリング技術をベースとしたコミュニケーションスキルです。
つまり、心が弱っている人と信頼関係を気づき、誰にも言えなかったことを吐き出してもらうための技術がベースになっています。
これはすなわち、心に何の問題も持たない人とは、より強力に作用します。
手っ取り早く表現すると、「相手がすべてをさらけ出す」状態を作る記述と言えるかもしれません。

誰しも、人に話せず、心の中に秘めていることがあります。
多くの場合、その「外に出せないもの」が積もり積もることで、人間関係が悪化したり、コミュニケーションがうまくいかなくなったりします。

当然そういったコミュニケーションを円滑化することで、こんなメリットを実感できると思われます。

・妻・夫との冷めた関係が、再び盛り上がる
・娘・息子とほとんど会話にならなかった関係が改善する
・会社の同僚との付き合いが楽になった
・苦手な上司とのコミュニケーションがとりやすくなった
・つかみどころのない部下の考えが手に取るようにわかるようになった
・人に頼られるようになった
・人から相談事をもちかけられるようになった
・コミュニティの中での存在感が高まった

このようなお声が寄せられています。

コミュニケーションが変わって売り上げが上がった企業

ある中小企業の社長は、ひょんなキッカケからNLPプラクティショナーコースを受講いただきました。
その会社の中はぎすぎすしていて、売り上げもいまひとつ伸び悩み、会社としては非常に難しい状態だったといいます。
その社長は、NLPプラクティショナーコースを受講いただき、自分の根本的な考えが変わったといいます。
そして、社内でのコミュニケーションを見直すことで、社内はぐんぐん明るくなし、業績もアップ。
ありえないほどの変化に目を白黒させていました。

NLPプラクティショナーコースが、組織全体を変えてしまうことさえあるという好例と言えるでしょう。

人生が変わったというNLPプラクティショナーコース受講生の声

ある受講生は、こんな思いを持っていたそうです。
今も特に不自由は感じていないものの、なにかが足りない。
どこか今のままではいけないような、得体のしれない空虚感を感じていたといいます。

彼は、NLPプラクティショナーコースの中で、例えばモチベーションであったり、自分の使命の発見といったワークで自分の人生の在り方を見つけたといいます。

また、親の事業を引き継いだ二代目経営者は、今の仕事をやっていくのが自分の役目と信じ切っていました。
しかし、NLPプラクティショナーコースの中で、自分との対話を進めていくことで自分が本当にやりたいことを発見したといいます。

こういった方々は、トレーナーが見ているとすぐに変化がわかります。
一瞬にして表情が明るく変化するのです。
NLPプラクティショナーコースは、このように人の人生の分岐点になりえる機会でもあるようです。

NLPプラクティショナーコースを受講した後の効果(まとめ)

これまで見てきたとおり、NLPプラクティショナーコースは、単純に「資格」としてみれば残念ながら形式的なメリットは発見しにくいと言えます。
しかしその内容は実践的であるため、学んだ内容を実社会で使っていくことで現実的な変化を体感することができます。
要は、学ぶことが価値というより、学んだことを実践することでその価値が見え始めるという性質のもの。

NLPを学ぶのか、NLPを使うのか。
この考え方の違いが、NLPプラクティショナーコースの価値を変化させるのではないでしょうか。

 

NLPプラクティショナーコース、NLP体験セミナーなど、現在開催中のセミナーを今すぐチェック!

開催中セミナー

 

PAGE TOP