月曜日になると仕事が怖いのはなぜ?頻繁に休むのなら危険信号です

月曜日になるとどんな気分ですか?

「あ~また仕事が始まってしまうのか」

といった気分になっている人が多いのではないでしょうか。

これが当たり前の現象だと思うにはまだ早いです。

 

できることなら、月曜日がきても仕事に行きたいと思えるくらいになりたいですよね。

もし、月曜日になると仕事が怖くなるのであれば対策をとりましょう。

こちらの記事では、月曜日になると仕事が怖いと思う理由や怖くなくなる対策について紹介していきます。

月曜日になると仕事が怖くなる理由

こちらでは考えられる、月曜日になると仕事が怖いと思う理由について紹介していきます。

怖いと思う正体が分かるだけでも、気が楽になる場合もあるので自分の心と向き合ってみましょう。

1週間全体のことを考えてしまうから

月曜日は1週間の始めです。

厳密にいえば、日曜日が始めですが、土日が休みだとすれば仕事の始まりの日は月曜日です。

 

始まりの日には全体の事を考えるものです。

つまり、月曜日になると1週間全体の仕事について考えてしまう事が大半でしょう。

 

1週間の仕事量は当然、膨大ですからそれを考えてしまうのは億劫になるしかありません。

まずは月曜日の仕事だけを考えて出勤するといいですね。

大変な仕事の最中だから

何かのプロジェクトや大事な仕事を任せられている最中ならプレッシャーがのしかかります。

失敗してはいけないという圧力がかかるので、心が休まりません。

 

自己コントロールが上手い人ならONとOFFを上手に切り替えることができるので、無駄なプレッシャーを抱えることはないでしょう。

良い意味で

「失敗してもいいや」

と気楽な気持ちを持つといいですね。

 

最善を尽くして失敗したらそもそもプロジェクトの進め方が悪かっただけと割り切れる精神力を養っていきましょう。

職場に嫌な人がいるから

仕事が億劫になる大きな要因の一つとして挙げられるのは、人間関係です。

上司や同僚に嫌な人がいたら、仕事が怖くなるのは当然です。

 

心身に影響が出るくらい悪影響を及ぼすような人が近くにいたら会社に報告したほうがいいです。

部署移動や担当者の変更など、何かしらの対処をしてくれると思います。

 

環境が変われば、多少仕事が怖くなくなるかもしれません。

満員電車が嫌だから

都内で働いている人だと、満員電車は地獄ような時間です。

朝からぎゅうぎゅうに詰められて、疲弊した状態で出勤する様子を想像しただけで疲れがどっと来ます。

 

なんでも、満員電車によるストレスは戦時中の兵隊のストレス値と同じくらいという研究結果もあるくらい酷いのです。

命の危機に直面するぐらいのストレスと一緒だなんて恐ろしいですよね。

 

政府が満員電車の政策を打ち出していたりもしますが、当面は解決しそうにありません。

仕事がつまらないから

そもそも仕事がつまらないと感じていたら月曜日は最悪な気分になります。

好きでもない事を1週間続けないといけないのですから気分を上げろと言われても無理があります。

 

人間関係や通勤に対して不満はないけど、ただただ仕事がつまらないと感じているのなら対処が必要ですね。

仕事が面白くなるためには工夫しなければなりません。

まずは自己分析して、自分が楽しいと思える仕事の特徴を抽出し、仕事のアイディアを出しましょう。

もしかしたら、そのアイディアが採用されて、出世コースに躍り出るかもしれませんよ。

月曜日の仕事が怖くなくなる対策3選

続いて、月曜日の仕事が怖くなくなる対策について3つ紹介します。

月曜日になると仕事が怖いと感じるような人であれば、このやり方はオススメなのでぜひ取り入れてみてください。

月曜日の仕事だけ考える

1週間全体のことを考えるから辛くなるのです。

人間の心理的にやるべき事をたくさんイメージすると、行動パフォーマンスが著しく下がるというデータもあります。

 

目標ややるべき事を整理することは大切ですが、まずは1日のうちで手に負える分だけの仕事をイメージしましょう。

膨大な仕事量を想像して、圧倒されているのなら、月曜日のやるべき事だけ考えればいいのです。

 

そして、目の前の作業だけに没頭して集中していきましょう。

没頭状態を作ればネガティブな感情も吹き飛びますし、メンタルにも良い影響をもたらしてくれます。

会社を辞める具体的なプランを立てる

仕事の人間関係が嫌だったり、そもそも仕事がつまらなければ、会社を辞めることも視野に入れてみてはいかがでしょうか。

もちろん、辞めるのを決断する前に、会社内で解決できるように努めなければなりません。

ですが、いろんな施策を投じても改善する見込みが感じられないのであれば、会社を辞める勇気を持ちましょう。

 

まずは計画を立てるところからスタートです。

計画を立てていると、今の苦行から抜けだせるイメージをしやすいですし、気分も上がってきます。

 

漠然と転職すると決めていると、結局行動に移せないので、まずは紙にプランを書いて計画通りにアクションしていきましょう。

副業でお金をたくさん稼ぐ

満員電車に揺られるのが理由で仕事が億劫になっているのなら、タクシー移動をすればいいのです。

物事はシンプルに考えれば、解決策が見えてきます。

え?タクシー代が高いって?

それならば、タクシー代をまかなえるぐらいまで稼げばいいのです。

強行策のようにも聞こえますが、極めて合理的な考え方だと思いませんか。

ただ口癖のように

「満員電車が嫌!」

と愚痴をこぼしているくらいなら、解消するための行動をとっていかなければなりません。

 

副業で月5万稼ぐことは大変かもしれませんが、努力を継続していれば誰でも到達できる金額でもあります。

「満員電車から解放されるために稼ぐ!」

という目標があると、モチベーションも上がりますし、副業でも稼げるようになりますよ。

 

今の時代だとネットで簡単にお金を稼ぐことができるので、

  • ブログ
  • せどり
  • Youtube

この辺りは簡単に参入できます。

ローリスクで始められる副業なので、ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか

月曜日の休みが頻繁なら危険信号

1ヶ月に1回ぐらいのペースで月曜日または休日明けで休むのなら危険信号です。

何が危険かと言いますと、精神疾患を抱えていおる可能性が高いということです。

うつ病やPTSDといった状態になっている危険性だってあります。

 

月曜日の休みが頻繁ならば、一度病院で診てもらってはいかがでしょうか。

 

また、どうしても仕事が億劫ならば会社を辞める勇気を持った方がいいです。

会社に属しているという事実があるだけで、会社なしには生きられないという潜在意識を持っているかもしれません。

要は会社に依存状態になっているのです。

 

これでは、精神の健康にも良くありません。

人間が幸せに生きていくためには「自立」が必要です。

 

ぽるとでは、「自立」をテーマにNLP心理学セミナーを実施しています。

自立の心を育てるためには、まず凝り固まった思考の癖をほぐしていかなければなりません。

トレーニングを積むことによってどなたでも自立心を育むことができます。

 

月業日の仕事が億劫で会社から離れる勇気を持ちたいという方はセミナーページをご覧ください。

セミナー会場であなたとお会いできる事を楽しみにしています。

 

 

個人向けセミナー

 

 

なんでも質問のすることが出来るLINE@は下記から!

友だち追加

関連記事

営業の間違いあるある

営業の間違いあるある

みんながやってる営業法

みんながやってる営業法

NLPってなに?

NLPってなに?

コーチングとティーチングは全く違うからね!!

コーチングとティーチングは全く違うからね!!

それは私たちの業界ではできない・・・ってホント!?

それは私たちの業界ではできない・・・ってホント!?

営業で成果を出す最も簡単な方法

営業で成果を出す最も簡単な方法

実践的コミュニケーション研修をお探しなら・・・

実践的コミュニケーション研修をお探しなら・・・

忘年会の意味とは?幹事や司会の乾杯挨拶のやり方や断り方についても

忘年会の意味とは?幹事や司会の乾杯挨拶のやり方や断り方についても

クリスマスツリーは何センチが最適?サイズ選びで後悔しない準備と代わりの小さい木

クリスマスツリーは何センチが最適?サイズ選びで後悔しない準備と代わりの小さい木