未来に不安を感じる自分から、出来てしまって自信満々な自分に変わろう!

スポーツの秋に限らず、最近スポーツをやってる方、多いですね。
毎日ジョギングをしている人がいたり、ジム通いをしている人がいたり。
そこで、ちょっと思い出してほしいことがあるんです。

例えば、ジョギングを始めた頃って、1kmのジョギングでも結構大変だったのに、今では5kmくらいならラクショーだよ、ってひともいるでしょう。
かつて、ピクリとも動かなかったトレーニングマシーンも、今は楽々動かせるようになった人もいるでしょう。

じゃあ、今、5kmのジョギングを普通にこなしている人なら、1kmでやめてみてください。
ジョギングを始めたあの頃の負荷に戻してみてください。
どうですか?
物足りないですよね?

今なら、途中でやめる事こそがきっと苦痛なんだと思います。

 

逆に、初めてジョギングを始めたころに、5kmも走れるか?と聞かれたら、もしかしたら不安を感じるかもしれませんね。
走り切れるかなぁ、とか、足がつるんじゃないか、とか。
けど、やりきった自分であれば、それは何の不安もないことで、出来るという事を当たり前だと思っています。

 

もちろん、日々の積み重ねがあって初めて、そう確信することができるわけです。
しかし、もし、あなたにとって未体験の事を、あたかもやりきったときの自分のように感じ取れることができれば、ちょっと踏み出すのが怖いチャレンジにも、堂々とチャレンジできそうな気がしませんか?

 

NLPには、モデリングというテクニックがあります。
それは、自分が目指すイメージと自分を同化させる方法なのですが、確実にあなたの成功を手繰り寄せる重要なテクニックだと信じています。
なにしろ、初めての事でも、「当たり前のようにできてしまった」ひとの心で対応できるのですから。

 

そんな、自分を動かすスキル、人を動かすスキルが満載のNLP。
一度その一端に触れてみてはいかがでしょうか。

 

NLPで最強の自分を手に入れよう!

関連記事

社員とのコミュニケーションこそが会社のリスクマネジメント

社員とのコミュニケーションこそが会社のリスクマネジメント

新しいことをする不安が解消できない時は・・・

新しいことをする不安が解消できない時は・・・

情報の意味、解釈の効果。

情報の意味、解釈の効果。

手にメモする人の心理5選!手にメモすると信頼的にダメな理由についても

手にメモする人の心理5選!手にメモすると信頼的にダメな理由についても

モチベーションと価値観の関係 LABプロファイル

モチベーションと価値観の関係 LABプロファイル

トップセールスレディのたった6文字の口癖

トップセールスレディのたった6文字の口癖

ライバルは必要か? NLP的モチベーションの考え方

ライバルは必要か? NLP的モチベーションの考え方

やる気があるか無いかは誰が決めるの

やる気があるか無いかは誰が決めるの

親子間のコミュニケーション不足が発生する原因とは?改善対策についても

親子間のコミュニケーション不足が発生する原因とは?改善対策についても

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Google口コミ

Google口コミ