社会で通用しない大人に社会のことは教えられない

今日で高校生の多くは1学期が終わり。
我が子も
高校生になったばかりの息子がいるが帰ってくるなり突然、学校を辞めたいと言い出した。

いろいろと理由を聞いてみると、先生にいじめられているという。
もちろん、子供の言うことがすべてではないので真相を確認してみないとということで、学校にお話を聞きたいと連絡!!

驚いた、来週の予定を聞いたのだが本日、突然、担任の先生と責任の先生が会社に現れる。
この時点で、学校にも落ち度があると思っているのかとよぎる。
そして、お話を始めるとまあ、しゃべるわしゃべるわ、しかもいいわけばかり・・・・。

あのときはこうだったとか、あれはこうだからこうしたなどなど。

うーん、うちがお客様に対してこんな話ばかりしているとお客様に怒られるだろうなぁ~なんて想像しながらも、先生の一方的をお話を聞いてみる。

結論からすると、息子の言い分がすべて正しいわけではないが、学校も突っ込まれると気まずい部分もあることは確かなんだなという感じ。。。。

そこで、ふと感じたこと。。。

まあ、社会ではおそらく通用しないであろう先生という職種の人が社会で通用する育成など難しいだろうなあってこと。

今の日本が、社会人になってすぐにメンタルヘルスになる人が多いのも何となく頷けてしまう。

今までの学校という在り方ではいけない時代になったのではないだろうか??

いい学校に行って、いい会社に勤めて、メンタルヘルスになったら果たしてそれは今までの人生に対してどう思うのだろうか。

やっぱり、大事なのはコミュニケーションだなぁ~。

そして、社会で通用するコミュニケーションをしっかりと教えてやるのは先生ではなく親じゃないかなぁ。
って改めて思うわけです。

学校という閉鎖的な場所でしか生きてきてない大人に社会で通用するコミュニケーションを教えることは難しいと思いませんか。

もし、そうだと思うのであれば、我が子にコミュニケーションを教えてあげれるのはだれですか?

もし、教え方がわからないのであれば、下記のセミナーにご来場してみてくださいね!!

個人向けセミナー

関連記事

「明日やろうはバカ野郎」は本当か? 心理学で読み解くモチベーションのコントロール

「明日やろうはバカ野郎」は本当か? 心理学で読み解くモチベーションのコントロール

社会では、営業じゃなくても営業が必要。

社会では、営業じゃなくても営業が必要。

望ましい方向へと人を動かす言い方とは?ミルトンモデルを使った言葉かけを心理学で解説します

望ましい方向へと人を動かす言い方とは?ミルトンモデルを使った言葉かけを心理学で解説します

人の幸せを喜べない人は幸せになれない理由とは?人の幸せを願えるようになる方法

人の幸せを喜べない人は幸せになれない理由とは?人の幸せを願えるようになる方法

目標達成率を上げるif-then(イフゼン)プランニングとは?心理的要因とルールを守る対策

目標達成率を上げるif-then(イフゼン)プランニングとは?心理的要因とルールを守る対策

サザエさん症候群に陥らないための対策とは?逆サザエさん症候群や診断についても

サザエさん症候群に陥らないための対策とは?逆サザエさん症候群や診断についても

新たな挑戦には必ず足を引っ張るやつが現れる

新たな挑戦には必ず足を引っ張るやつが現れる

年度末になって慌てふためかない営業管理術

年度末になって慌てふためかない営業管理術

他人軸から自分軸の人生へ

他人軸から自分軸の人生へ

Google口コミ

Google口コミ