口癖が「まあ」という人の性格と心理状態とは?うざいと思われる理由も

周りにこんな口癖を使う人いませんか?

「まあ」

話の冒頭によく使われるケースがありますが、あまり良い印象はないですよね。

なるべく「まあ」という口癖は使わないほうがいいのですが、もしかしたら、自分も使ってしまっているかもしれないので気をつけてください。

なぜ、「まあ」という口癖を使う人は印象が悪いのか、それは「まあ」を使う人の性格の傾向や心理状態に理由がありました。

こちらの記事では、「まあ」という口癖を使う人の性格の特徴や心理状態を掘り下げながら、「まあ」という口癖を使う人がうざいと思われる理由について紹介していきます。

 

「まあ」という人の心理状態3選

「まあ」という口癖を使っている人び心理状態について3つ厳選しました。

いずれかに当てはまっている可能性が高いのでよく観察してみてくださいね。

話を早く終わらせたい

早く話を終わらせたいから「まあ」という口癖が出てしまっているケースがあります。

「まあ」という言葉を使うことによって話の着地点を見つけようとしているのです。

結論付けることによって、話は終わりますからね。

もしかしたら、話自体に興味がないだけかもしれません。

 

相手に対して真摯に向き合っていない

「まあ」という口癖を使うケースの一つとして、話を真剣に聞いていないということも考えられます。

話に対して「どうでもいい」と感じている可能性は高いです。

こういう態度をとっていると、冷めている印象をもたれやすいですよね。

本当にどうでもいい話をしているのなら、話をしている人に非がありますが(笑)

真剣な話をしている時に「まあ」と切り替えされたら、ちょっと鼻につくので悩み事の相談とかされた時には「まあ」という口癖は使わないように気をつけましょう。

 

上から目線

上から目線でものを言っている人は「まあ」という口癖を使う場合が多いです。

マウントをとって、自分の立ち位置を示そうとしている人にありがちです。

あからさまに性格が悪い人によく見られる傾向なので、こういう人には近づかないほうがいいでしょう。

ただただストレスになり、気分が悪くなります。

マウントを取ろうとした態度を取る人、結果的にマウントどころか人も失ってしまいます。

「まあ」という口癖を使うことにメリットはないです。

 

「まあ」という人の性格の傾向3選

「まあ」という口癖を使う人の性格について掘り下げていきます。

ここでは3つ紹介していきたいと思います。

自信がない・自己肯定感が低い

自己肯定感が低いので、「まあ」という主張を曖昧にするようなクッション言葉を使う傾向があります。

自分の主張を堂々とできないので、責任を持った発言ができないのです。

逃げに入っているとも捉えることができます。

自信がついて自己肯定感が高まってくれば、「まあ」という口癖が無くなって、堂々と主張できるようになると思います。

そのためには小さな成功体験を重ねていくことが必須です。

もし、自信がなくて「まあ」という言葉が口癖になっているのでしたら、自信をつけるための行動を積み重ねていってみてください。

無理に「まあ」という口癖を無くすよりも、本質的な部分を変えていったほうがよっぽど良いので。

 

冷めている

人や物事に対して、興味関心がなく冷めている人に「まあ」という口癖を使っているケースも目立ちます。

関心を持ちましょうと一言でアドバイスしてもなかなか変わるものではありません。

興味を持つためには、体験の数を増やしていかなければなりません。

冷めている人は没頭している事を見つけられないでいるから、好奇心がくすぐられないのです。

没頭することを見つけるためには、新しい体験を増やすのが手っ取り早いです。

冷めている人にとっては、新しいことをする事は腰が重いと思いますが、没頭できるものが見つかると人生が楽しくなるのでぜひ色々挑戦してみてくださいね!

 

否定的・批判的

「まあ」という口癖には若干の否定が含まれています。

口癖になっている人は、物事に対して否定的に捉える傾向が強いと考えられます。

相手の話に賛同できず、かといって真っ向から反対するのも面倒だから、それとなく否定的な姿勢を見せようとする時に使われる言葉が「まあ」です。

「まあ」の他にも、「いや」とか「でも」とか「だって」とか言ってませんかね。

否定的に物事を見るような思考を持っていると何も生み出すことはありません。

肯定的な考え方の習慣があると、生産性の高い人生を歩めるようになりますよ。

 

「まあ」という口癖を使う人はうざいと思われる理由

「まあ」という口癖を使っている人はなんとなく「うざい」と思われてしまいます。

これは一体なぜなのでしょうか?

 

それは、話の始めに「まあ」という言葉を入れると上から目線でものを言っているように感じるからです。

本人にはそういう気持ちはなくても、聞いている側からするとあまり聞き心地の良いものではありません。

誰でも上から目線で接されると、嫌な気分になりますよね。

上から目線の人に対しては嫌悪感を感じるものです。

上から目線で来て欲しいという人はよっぽどのM体質でしょうね(笑)

 

ですが、上から目線だったとしても慕われるケースがあります。

それは、その人の権威性がしっかり伝わっている場合です。

例えば、野球がうまくなりたいという人にとって、プロ野球選手は憧れですよね。

その人は「まあ」という言葉を使ったとしても、嫌な感じはしないですし、前のめりになってその人の話に耳を傾けます。

あからさまに上から目線の態度をとられたら別ですが。

 

「まあ」という言葉が口癖でどうしても使ってしまうのなら、なるべく自分の権威性を理解している人の前だけで使うようにしたらいいですね。

初対面の人や自分のことをよく知らない人に対して「まあ」という口癖を使ってしまうと印象は最悪になってしまうので気をつけてください。

気をつけるというか、絶対に使わないようにしましょう!

 

「まあ」という口癖を使わないようにするためには

「まあ」という言葉が口癖になっているのなら、意識的に無くしていく努力をしなければなりません。

「まあ」という口癖は話を始める時に使うパターンが多いので、他の口癖と比べると比較的直しやすいです。

ですから、自分の話を切り出す時には、

一呼吸置く

というのはかなり効果的です。

落ち着いて、話せるようになると頭の中でしっかり話す内容を整理してから言葉を発することができるので、「まあ」という口癖を使わなくて済むようになります。

すぐに返答しなくてはいけないということはないんです。

 

また、他の口癖にするのも良いでしょう。

「まあ」の代わりに「ん~」とか「なるほど~」といった口癖だとそこまで印象は悪くなりません。

ちゃんと考えて、話してくれようとしているのが伝わりやすいですしね!

ただ、こういった口癖とか相槌とかは、心がこもっていないとすぐにバレます。

しっかりと頭で考えていることは前提です。

考えている時には言葉が止まってしまうので、そういった時にこういった口癖や相槌は使うようにするのがオススメです。

 

 

まとめ

・「まあ」という口癖を使う人の心理と性格は総じて良い状況とは言えない

・「まあ」という口癖を使うとうざいと思われるのは上から目線の印象を与えてしまうから

・「まあ」という口癖を使わないようにするためには話す前に一呼吸置くか他の口癖に代える

 

この口癖を使っているから、この人はこうだ!と言うのは違います。

あくまでそういった傾向がある程度にとどめておいたほうがいいです。

相手の性格や心理状態を理解するためには、よく観察することが最も大切です。

相手の仕草や表情をよく観察した上で、心理学の知識と照らし合わせることで、相手のことを理解することができます。

こういったテクニックを使うことによって良好な人間関係も構築することができるので心理学はどんな人にもおすすめです。

NLPセミナーでは、心理学を実践に落とし込めるようにワークショップも実施しています。

興味のある方はセミナーページをごらんになってください。

個人向けセミナー

関連記事

円滑なコミュニケーションを取る方法とは?大切な4つの心理的ポジション

円滑なコミュニケーションを取る方法とは?大切な4つの心理的ポジション

分かっているけど出来ないのはなぜ?

分かっているけど出来ないのはなぜ?

営業はお客様を操るぐらいにならねば結果が伴わない

営業はお客様を操るぐらいにならねば結果が伴わない

NLPプラクティショナーコースの内容とセミナー受講者の結果

NLPプラクティショナーコースの内容とセミナー受講者の結果

急ぎの仕事が溜まっているときに限って机の掃除をしたくなる心理

急ぎの仕事が溜まっているときに限って机の掃除をしたくなる心理

詐欺師はなぜ人の心をつかむのが上手いのか? ビジネスに必須な心理学

詐欺師はなぜ人の心をつかむのが上手いのか? ビジネスに必須な心理学

なぜひとは、仕事の優先順位を誤るのか?

なぜひとは、仕事の優先順位を誤るのか?

専門分野A×専門分野Bが生み出すもの

専門分野A×専門分野Bが生み出すもの

SNSで自分の心理が分かる

SNSで自分の心理が分かる

Google口コミ

Google口コミ